女性と起業
海外起業で自分らしくハッピーに生きる!

アメリカ起業日記1: スタートアップ会社

何とスタートアップのCOO に就任しました。というと仰々しいのですが、友人が立ち上げたE-zine,  parentinsider.comのチームに参加する事にしたのです。

Parentinsider.com
友人は筋金入りのジャーナリストで、数年前まではオバマ大統領を始めとする政財界の大物に直接インタビューしていたほど。そんな彼女が立ち上げたティーンネージャーを持つ親のためのウェッブサイトがparentinsider.comなのです。

このサイトの何が凄いかというとコンテンツ。コンテンツが弱いサイトが多い中で彼女のコンテンツは半端じゃない!ティーンネージャーを持つ親が抱える疑問や悩みに専門家が答える形なのですが、DCにはありとあらゆるトップの専門家が沢山。そして専門家の答えは3分から5分のビデオで見る事が出来ます。

テキストもあるのですが600字くらいに納められているので忙しくても読める分量ですよね。内容は摂食障害からゲーム中毒、トランスジェンダー、ADD、デートなど多岐に渡ります。

COO
サイト自体は昨年末にライブになったのですがコンテンツを作る人はいてもサイトというか会社自体を運営する人がいない、という状況でした。私はE-zineは専門外なのですが、アートコンサルティングも不動産投資の会社もE-zineも基本は同じじゃないかな、ということで引き受ける事にしました。ちょっと無謀だったかなあ。

でもなにかピンと来たのです。起業ってそんな「ピン」が重要ですよね。

という事で今はこれまでの財務状況やいろんな契約書を見直しているところです。実は夫以外の人とパートナーシップを組むのは初めてなのでちょっと勝手が違います。それに私は仕事になるとちょっとビジネスライクになる事が多いので、友情に傷がつかないよう気をつけないと。人生何事も勉強勉強。

来週は女性の起業家があつまって仕事場をシェアするという新しい形態のオフィスを見学に行きます。ホームオフィスも良いのですがパートナーが何人かいるとニュートラルな場所があるのもいいかな、と思うので。それに他の女性起業家達と交流すると元気が出ますよね。

またまた忙しくなりそうです。