女性と起業
海外起業で自分らしくハッピーに生きる!

アメリカ起業日記2:チームワーク

女性二人で運営してきた組織に私は遅れて加わる形になったのですが早速失敗です。

張り切り過ぎも迷惑なもの
私の仕事はCOOですから早速財務状況や予算、記事掲載スケジュールを作ったり、新たな組織表に今後必要なヘルプなどなど実に細々とした事を網羅した書類を持参して第一回目のミーティングに挑みました。

そしたら空気がとてもチグハグというか噛み合っていない感じなのです。何を話してもまるで机上の空論的展開でした。私は大きなビジョンを小さく分けて実行する事が向いているのでこういう作業は大好きだし、今まで一人で仕事をしてきたのでマイペースになりがち。でもそれじゃあだめなのですね。勇み足でした。

数字じゃ見えない現実というのがあります。そしてなりより誰かと一緒に何かを作り上げて行く時には全員が同じページにいないとうまく行きません。私は数字と計画表があればそれは可能だと思っていたのですが、そうじゃないのですね。

聞くことから始まる
ゴールは何か、そのためにはどうすればいいのか、一人一人の役割分担の明確化、現状はどうなのか、問題は何なのか、どんな助けがいるのか、等などまずは皆から話を聞く事が大切でした。

でも途中で気がついて良かった!あの調子でずっと行っていたらまるで私はパートナーではなくて会社乗っ取り犯のようでしたもの。

気がついた瞬間「ごめん、全然話を聞いてなかった。みんなの話を聞かせて」と方向転換。そしたら出てくる出てくる、色んな意見が。私が知らない事も沢山あって特にテクニカルな事に関しては私は素人だから「えー、そんな事どうすれば」ということも一杯なのです。

3時間のミーティングのあと計画書は完全に書き換えとなりました。私が頭で思っていた事と実際とはギャップがあったのです。思い込みの計画書で行動していたらうまく行く物もうまく行きませんでした。

1本の矢よりも強い3本の矢になるために
こういう失敗を通じてお互いを知って行くのだと思います。許し許され話し合って解決して納得して、これを繰り返して強いチームワークが出来上がって行くのですね。

一人で出来る事には限りがあります。矢と一緒で3本なら1本よりも強い!でも3本の矢が1本の矢よりも強くなるためにはチームワークですよね。チームとしてうまく行っていないと1本の矢よりも弱くなります。

チームで何かを成し遂げることの良い所は頼れる仲間がいるという事です。確かに一人でやるよりは面倒な事もあります。説得したり相手の事を考えたり自分はいいと思っても諦めたりとか。でもうまく行った時には一緒に分かち合える仲間がいるってやっぱり良いなあ。

ということで失敗しながらもなんとかがんばっています。良い仲間に巡り会えて良かった。仲間と一緒にやるってやっぱりすっごく楽しいです。

今週はSEOについて学ぶ予定。うー、苦手。でもこれを知らないとウェッブビジネスは無理なのでまたまた仲間に助けられながらがんばります。

写真で着ているのは夏の定番リリー•ピューリッツァーのサマードレス。