Life in Washington, DC
元気なワシントンライフのひとりごと

イベント66: It’s a Boy!

 

プリンスでしたね。おめでとうございます。我が家は夫がどうしても女の子が欲しかったので、性別が分かる週になるとすぐに病院で見てもらいました。念願の女の子だと言われた時の夫の笑顔はいまだに忘れられません。

イギリスの皇室では皇室典範が変更されて男の子でも女の子でも皇位を継ぐ事が出来ます。これも最近になって変わった事ですが。以前は男子がいなかった場合にのみ女の子が皇位を継承することになっていました。

アメリカでは連日連夜の報道合戦が繰り広げられていますが、本当にアメリカ人はイギリスの皇室が大好きです。

かくいう私もキャサリン妃は素敵だなあと思います。ファッションもそうですが、やはり大学生の時からずっと一点を見つめて生きて来たその執念というか集中力に圧倒されるからです。ご両親も凄かったそうですけど。ダメそうな親戚は排除したりして。

8月後半にちょっとだけロンドンに立ち寄ります。その頃にはプリンスの写真付きマグカップが売り出されているかも?買っちゃおうかなあ。うーん、でもそこまでミーハーにもなりきれないかも。どちらかと言うとハロッズのテディベアの方がいいかなあ。