Life in Washington, DC
元気なワシントンライフのひとりごと

イベント90:ティーンの運動選手と心臓

負けちゃったけどやっぱり日本の選手が世界の大舞台を駆け回る姿を見れて嬉しかったです。コロンビア戦も最初の方は好調だったから期待しちゃった分、後半の失点は残念でしたね。

アメリカは明日ドイツ戦があるからまだまだ盛り上がっています。試合もこちらの時間のお昼ごろだから皆さん仕事にならないのでは?(私も含めて)

ところでサッカーと言えば昨日Wall Street Journalでティーンネージャーのサッカー選手と心臓に関する記事を読んでぞっとしてしまいました。ティーンの運動選手が運動中にある日突然心臓疾患で死んでしまう、という事は思っている以上におこるそうです。そしてそのような悲劇は心臓のチェックをしていれば防げるのだとも。そういう心臓チェックは通常の健康診断には含まれていないとの事です。

それで15歳のお子さんをサッカーの練習中に亡くしたお母さんが心臓疾患による急死を防ぐために心臓チェックを訴える財団を立ち上げました。この訴えで今までに12,000人近くの高校生運動選手が心臓チェックをしたそうです。そしてなんと死に至る可能性のある重度の心臓疾患がみつかったのが121人!そのうちの一人は検査から数週間後に心臓手術を受け命を取り留めたそうです。この高校生はまたサッカーをすることが出来るほどに回復したと記事にありました。

W杯から心臓の話になっちゃいましたが、1%って無視出来ない数字かと思います。