女性と起業
海外起業で自分らしくハッピーに生きる!

女性と起業番外編12:アンダードッグの強み

本当に強い人って「Hope 希望」と「Persevelance 根気強さ」がある人だなあ、と思う映画を見て来ました。「Eddie the Eagle」はカルガリーオリンピックでスキージャンプのイギリス代表のマイケル•エドワーズの体験をもとにした映画ですが、「絶対オリンピック選手にはなれない」と言われたエドワーズが「絶対オリンピックに行く」という子供の頃からの夢を達成させる話です。

ですがこのエドワーズさん、まったくアスリートっぽくないのです。子供の頃には脚にハンディキャップがあってぽっちゃり系、そしてスキー選手を目指していたけど「絶対無理」と言われてしまいます。だけどここで諦めないのが凄い。そしてオリンピックの代表がひとりもいなかったジャンプ競技に目を付け転向します。ところがこの競技、皆さん5、6歳で始めるから22歳で転向したエドワーズは相手にされません。それどころか馬鹿にされる始末。だけどエドワーズさんって全然気にしないのです。もう本人は絶対オリンピックに行くと決めているのですから。

そして本当にオリンピックに行っちゃうのです。そこで全世界の注目を集める事になります。アンダードッグの頑張りにみんなが胸を打たれる事になるからです。70Mジャンプで他の選手が100M以上飛んでいるのにエドワーズは60.5M。半分しかいかないから観客は全員「フン」と言う感じ。だけどそれが「英国の新記録!」とアナウンスされるとエドワーズは飛び上がって喜びます。そしてそれまで彼を馬鹿にしていた皆ですが、パーソナルベストを尽くすアンチヒーローなエドワーズにどんどん共感していきます。そして最後はそれまで一度も挑戦したことのなかった90Mジャンプをなんとオリンピックで初めて飛んでしまうのです。それも無事に着地にも成功して。

希望と根気強さって人をどんどん高みに連れて行ってくれるのですね。

あんまり期待されていない人や全く相手にされない人のことを英語で「Under dog」と言いますが、本当に強い人ってこういうところから自分を信じて、夢を追いかける人なのかもしれません。

なんの実績もないのにやりたいことがある時って私たちは「Under dog」になることもあります。だけどそれが自分の夢ならアンダードッグで全然OKです!格好わるくなんてない!だってみんなそこから始まるのですもの。それが5歳の人もたまにはいるかもしれないけど、99%人たちにとっては大人になってからの始まりってありがちです。

私もアンダードッグからの出発でした。ギャラリーもそして今年後半に実現する私の今の大きな夢も。この夢は実は今年で実に7年越しの夢なのです。40歳を過ぎて始めた時は実績がゼロだったから「思いつき」と思われて相手にされませんでした。「あなた、誰?」「全然ピンとこない」なんて序の口。でもその後ウェッブサイトや新聞のインタビューなどを通じて実績を積み、昨年やっと私を信じて応援してくれる方々に巡り会う事が出来たのです。思えば私を支えてくれたのは「きっといつか叶う」という希望でした。その希望があったからあきらめないで夢を見続けられたのだと思います。

アンダードッグで始まるからこそ大きく花開くのかもしれませんね。なにしろ自分の思いがつまっていますもの。