女性と起業
海外起業で自分らしくハッピーに生きる!

政治14: Gay marriage & the Election

 

今の今までオバマ大統領は同性間の結婚についての質問に対して「僕の考えは日々進化している」というにとどめ、是非についての回答は上手にかわしてきました。それなのになぜ今になって突然「賛成」と明言するに至ったのでしょうか? 大統領選にはどのように影響してくるのでしょうか?

バイデン副大統領が先だって同様の質問に対して賛成の意見を述べていたから、うだうだといつまでも回答を先延ばしにしていてはリーダーシップを疑われかねない、との理由からこの時期にこの発言がでた、という意見も聞かれます。勿論、同性愛主義者からの多額の政治献金が理由だという人達もいますが。

どちらにしても問題は大統領選です。今回の回答を受けてオバマ大統領の支持ベースは強化されるでしょうし、浮動票は同性愛問題よりも経済問題に焦点を当てています。ですから今回の回答は個人的にはあんまり再選には影響しないと思うのですが。

今回のゲイマリッジ発言で一番不思議なのは、はやり一つ一つの発言が多大な影響を及ぼすこの時期にあえて発言したタイミングですよね。本当に一体舞台裏では何があったのでしょうか? 知りたいなあ。