女性と起業
海外起業で自分らしくハッピーに生きる!

時事13:バットマン大虐殺事件

 

7月20日金曜日の早朝、コロラド州オーロラの映画館で、バットマントリロジーの最終章「The Dark Knight Rises」の上映中に12人が射殺され58人が重軽傷を負う、という大事件が起こりました。

犯人のジェームス・ホルムズ(24歳)は最近流行の真夜中先行上映が始まってすぐに非常口のドアを蹴って侵入し、硝煙弾のようなものを投げつけてからマシンガンをぶっ放した、という事です。(AP通信より)

今回の大量虐殺も計画的で何ヶ月もかけて武器を調達し、アパートには侵入者があれば爆発する仕掛けもあったとの事。

なんでも大量殺人の後、ホルムズは自分の事をバットマンの敵、ジョーカーだ、と言っていたそうです。

アメリカ国立衛生研究所 (NIH ) から名誉ある奨学金を貰って、コロラド大学で神経生物学の博士号に打ち込んでいた科学者の卵が、どうしてこんな殺人鬼になってしまったのでしょうか?

4年前の夏には恵まれない子供たちのためのサマーキャンプで指導員も努めていたというのです。未来の殺人鬼が子供たちの側にいたなんて、本当に怖いですよね。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします。