女性と起業
海外起業で自分らしくハッピーに生きる!

時事16:丸刈りの峰岸みなみちゃん

 

アメリカ人の感覚からすると今回の丸刈り事件は「Good Publicity play」となるようです。古くはブリタニー・スピアーズの件もありますしね。

最近ではアナ・ハザウェイも坊主になって、オスカー確実という感じです。

個人的には20才での恋愛はごく健康的なことだし、女性が一番キラキラする瞬間ですからお泊まりだって「Why not?」と思います。

でも問題は、AKBというアイドル集団に所属する限りは恋愛禁止というルールがあるということです。

それを承知で、というかそういう契約で属しているのにその規則を破る、ということは契約違反なので契約社会のアメリカどっぷりの私には、これは問題ありじゃないかあと思います。

そのルールに従えないなら説得してルールを変えるか、自分が去るか、の選択があると思います。その覚悟がつかずルールを破るのはイージーでアンフェアかなあ。

20代の女性に恋愛禁止はかなり無理があると思うけど、それをがまんしてもなりたいのがスターなのでしょう。

反省してやっぱりグループに残りたくて女の子にとっては究極の坊主という行動にでたわけですが、アメリカ人の友人たちが言うパフォーマンスかどうかは別として、私はそれなりに潔いと思います。やっぱりかなりの覚悟がなくては出来ませんから。

研究生降格ということですが、ブリタニーも坊主から復活しました。アナ・ハザウェイはトップスターの地位確立です。理由はどうであれ、坊主にはスターパワーがありそうです。

がんばってくださいね。

写真は昨年AKBがワシントンDCに来た際の大使館での公式記者会見での写真です。DCの新聞に記事を書いている私はプレスとして行ったのですが、本当にみんな可愛らしかったです。