Life in Washington, DC
元気なワシントンライフのひとりごと

東日本大震災8:311 から2年

 

私の生まれ故郷の町の半分が放射能汚染で避難区域となってから早くも2年が経ってしまいました。

今朝のNHKのニュースはそんな川俣町山木屋地区の子供が通えなくなってしまった小学校からの中継でした。

テレビを見ながら寂しくなってしまった時に、山木屋太鼓クラブの遠藤元気君がインタビューに出て来たのです。昨年はワシントンDCの有志で太鼓クラブの皆さんをワシントンDC桜祭り100周年にご招待したのですが、力強い太鼓の音が未来を感じさせてくれました。

故郷に帰れるのはまだまだかもしれないけど、元気な太鼓の音を絶やさずがんばってくださいね。

被災された皆様、なかなか復興が進まず大変な事と思いますが、311が風化してしまわないように、一緒にがんばりましょう。

写真は昨年4月にワシントンDCのケネディーセンターで行われた山木屋太鼓クラブの演奏風景