Life in Washington, DC
元気なワシントンライフのひとりごと

DCライフ58:3年目の311

日本ではおそらく沢山の特集番組やイベントがあるかと思いますが、アメリカは静かです。3年経つのですものね。

以前福島の方々と話していた時に「一番怖いのは忘れられてしまうこと」だとおっしゃっていた方が大勢いらっしゃいました。忘れる事は人間が前に進む為の大切な能力でもありますが、一方で忘れてしまえばその事に関して何も出来なくなってしまいます。

記憶と忘却のバランスって難しいです。

今日は大使館の震災関連イベントのパネルディスカッションで進行役を努めさせて頂きます。被災地の写真と被害者の思いがつまった短歌で構成されたドキュメンタリーについてのディスカッションですが、静粛な気持ちで努めさせて頂きたいと思っています。

写真は以前訪問させて頂いた仮設住宅。生まれ故郷の半分が計画避難区域となってしまったので、仮設で生活する知り合いがいます。訪問した際は沢山の方々とお話する機会があり、改めて震災後の現実を知ったのです。