Archives: アート・カルチャー・イベント

Asako Tamura, opera singer

アート25:オペラ歌手、田村麻子さん

in アート・カルチャー・イベント

今年4月にナショナルズ球場そしてケネディーセンターミレニアムステージにてその素晴らしい歌声で多くの人々を魅了したオペラ歌手、田村麻子さんに国際的歌手となるまでの道のりそしてアジア系オペラ歌手としてのチャレンジについてお話を伺いました。紆余曲折の末つかんだプロの道田村さんはもともと声楽志望ではなくピアニストを目指していたのだそうですね。母が私を家の近所にある音楽教室に連れて行った時に凄く反応が良くて、「この子は才能がある」と思い込んだのかピアノの個人レッスンを始めたのです。4歳の時でした。母は大学で合唱をやっていた時に東京芸大の人達に憧れたみたいで「がんばって東京芸大に行きましょう」... full story

DCライフ203;ワシントンバレエ団ガラ

in アート・カルチャー・イベント

先週金曜日の夜はドイツ大使公邸で開催されたワシントンバレエ団のガラパーティーに行ってきました。池の向こうの舞台で白鳥の湖を踊る大貫真希ちゃんは本当に美しかった。儚さと強さを兼ね備えた素晴らしいダンサーです。パフォーマンスの後は着席のディナーだったのですが、60人が座れる長テーブルでの食事となりコミューナルテーブルのようで新鮮でした。でもバンドの演奏が結構激しくてお向かいの人とはあんまり話が出来ない感じだったかな。ガラ前日の木曜日は日本を代表するアーティスト杉本博司さんを囲んでの夕食会があり家に帰って来たのは11時過ぎだったし、ガラでメインディッシュのステーキが出て来たのは11時過ぎと、... full story

アート24:落合賢監督

in アート・カルチャー・イベント

今年の日米協会主催シネ祭りのオープニング作品「太秦ライムライト」の落合賢監督にアメリカ留学時代や「太秦」撮影についてお話を伺いました。アメリカで学んだ事監督がとってもお若いのでちょっとびっくりしています。監督は大学からアメリカだそうですね。もともとハリウッドの映画が大好きだったので、いつかアメリカで映画の勉強がしたいとずっと思っていました。ニューヨーク大学、UCLA、それから南カリフォルニア大学(USC)のどれかに行きたいと思って高校卒業してすぐ受験したのですがどこも受からなくてとりあえずニューヨーク大学のサマースクールに行ったのです。... full story

Corcoran ball

DCライフ195:コーコランボール

in アート・カルチャー・イベント

うーん、複雑。昨夜第60回コーコランボールに行って来たのですが、かつてはDCで一番華やかなイベントとして知られていたパーティーも昨夜はかつての栄華とはだいぶ距離があったような気がします。というのもコーコラン自体が無くなってしまったからでしょう。かつてコーコランさんが集めた美術品を収容した美術館の建物自体はあるのですが、資金の問題でジョージワシントン大学とナショナルギャラリーに昨年吸収されてしまったのです。ですから今までコーコラン美術館で開催されていたイベントも今回はジョージワシントン大学敷地内での開催となりました。豪華なテントが張られ美しいお花も飾られていたのですが、一瞬「... full story

DCライフ193:YAGP決勝

in アート・カルチャー・イベント

バレエの戦いは過酷です。先週から始まったYoung America Grand Prixの決勝ですが、ソロは1500人近くのダンサーが予選を競い合い、最終決戦の地リンカーンセンターの舞台に立てたのはたった20人ほど!その戦いも今日のガラパフォーマンスをもっておしまいとなります。日本での予選は昨年の11月ごろだから本当に持久戦ですよね。娘はアンサンブルで決勝に挑みました。場所はニューヨーク大学内にあるシアターです。それにしても本当に立派な劇場でNYUって凄いなあ、と感心することしきり。学生の総数5万人と言われるマンモス大学ですが、校内でばったり知り合いのお嬢さんに会ったりしてびっくりです。... full story

イベント112:Cinematsuri

in アート・カルチャー・イベント

日米協会が主催する日本映画の祭典Cinematsuriが今日から始まりました。Eストリートシネマで一週間開催されます。今年のオープニング作品は「太秦ライムライト」。「5万回切られた男」の異名をとる福本清三さんが主演を努める脇役が主役となるお話です。「誰かがどこかでみていてくれる」というメッセージそのままに、何があってもコツコツと頑張る主人公の姿は美しかった。私たちは主役であって脇役なのですよね。そんなことも考えちゃいました。それにしても福本さんの海老反りはすごい。我が家の娘はバレリーナなのでかなり柔軟ですが、それでも福本さんにはかなわないかも。明日は落合監督にインタビューします。うー、... full story

DCライフ182:The Hunting Ground

in アート・カルチャー・イベント

明日からDCのE Street Cinemaで公開される映画The Hunting Ground。今アメリカで大問題となっている大学のキャンパスでのセクシャルハラスメント(時にはレイプ)を扱った映画です。友人の友人がプロデュースした映画なのですが、それでなくても見に行きたいと思います。なにしろ5人に1人の女子学生が被害にあっているということですから、このドキュメンタリーを通してしっかりと現実を直視したいなあ、と思っています。何しろ我が家の娘は2年後に大学生になるので。予告を見たのですがやっぱり結構過激かも。タイトルからして「狩場」という感じですしね。 full story

イベント111:バレエコンクール

in アート・カルチャー・イベント

日本には沢山あるようですがアメリカではバレエのコンクールとなるとユース•アメリカ•グランプリがあるだけ。日本からの出場者も沢山いますが日本での予選は早くてすでに終わっていますよね。アメリカでは今予選の真っ盛り。我が家の娘も今年初挑戦します!今まで通っていたスタジオはコンクールに積極的ではなかったのですが、新しいスタジオはコンクール前向き派なのです。今週末テキサス州オースティンに行ってきます。でも気温が10度前後なのです。普段は20度近くあるようで先日購入した春物が着れると喜んでいたのに。ダウンコートで行きます。コンクール賛否両論に関しては質問がきていたのでQ&... full story

イベント110:オスカー2015

in アート・カルチャー・イベント

Lady Gagaが素晴らしかった!普段とのギャップもあって釘付けでした。Sound of Musicメドレーを歌うLady Gagaは神々しかった。パフォーマンスの後に現れたジュリー•アンドリュースも大満足のようでしたね。毎年ドレスを見た後はなんとなく飽きてくるのですが、こういうパフォーマンスが見られるとはやっぱり来年も見ようっと。それにしてもThe Imitation Gameは残念だったなあ。今年はベストフィルムにノミネートされたほとんどの映画を見ていて、私の一押しは何と言ってもThe Imitation Gameだったのだけど。... full story

DC ライフ168:ジャーナリストの責任

in アート・カルチャー・イベント

ブライアン•ウィリアムスはアメリカで一番人気の夜のニュース番組NBC Nightly Newsのアンカーですが、実は我が家の元テナント。彼がホワイトハウス担当記者時代にDCに住んでいた時に我が家を貸していたのです。といってもその頃は私はまだ夫と結婚していなかったので面識はないのだけど。それでも何となく親近感があってこの番組は毎晩欠かさず見ているのですが、今そのブライアン•ウィリアムスが降板の危機に陥っています。イラク戦争の時のリポートに関して虚偽があったことが原因なのですが、本人は「記憶が曖昧になった」と言っています。... full story