Archives: アート・カルチャー・イベント

チャリティー1:ルクセンブルグ大使館の夜

in アート・カルチャー・イベント

ルクセンブルグ大使ご夫妻主催のチャリティーパーティーに出かけてきました。ロンドンのサザビーズ時代の友人でルクセンブルグ出身の女性がいるのですが、彼女は5ヶ国語に堪能でいつもレディーライクなファッションを好んでいたから、ルクセンブルグというとちょっと保守的かなあと思っていました。でも初めて大使館を訪れてビックリ。なんと天井にはピンクや緑、黄色の水玉が施してあって、壁にかけられている絵画もいかめしい肖像がではなくちょっと崩した風景画というように、現代美術がほとんどだったのです。以外な発見でした。 今回はInnocents At Risk... full story

アートの話1:ビリー・コルバート スタジオ見学

in アート・カルチャー・イベント

ワシントンDCをベースに活躍する新進アーティスト、Billy Colbert (ビリー・コルバート)のオープンスタジオに行って来ました。同じ非営利団体の理事を務めるビリーの作品を見るのは今回が初めて。U st.をちょっと入ったところにあるレンガ作りのビルの2階で、Mixed Mediaや絵画にインスタレーションもあって見ごたえ十分なのですが、ちょっと混んでたかなあ。ゆっくり見られるように、今度は一人のときに行きたいと思います。 ビリーの作品は古い写真を転写したりしてものが多く、私が一番気に入ったのはマルティン・ルーサー・キング牧師の葬儀に向かうハリー・ベラフォンテの写真を使った作品。... full story

チャリティー2:ワシントンバレエ団のRock&Roll パーティー

in アート・カルチャー・イベント, ワシントンDC情報

ワシントンDCで一番ファッショナブルと言われるのがワシントンバレエ団のAnuual Gala。今年の会場はウィスコンシンアヴェニュー沿いにあるロシア大使館です。この大使館ってちょっと要塞っぽくてなんとなく前を通るのが怖かったのですが、初めて中に入ってきました。そしたらお庭には高校生バンドがいて、怖いどころかちょっと学園際のような感じ。会場である大使館内ではバンドがエルビスプレスリーとかビージーズのナンバーをガンガン演奏していて、早くもダンスフロアはシャンペン片手に踊る人でいっぱいでした。 ワシントンバレエ団のプリマドンナといえば、日本人バレリーナの大貫真希ちゃんです。... full story

アーティスト1:小林 浩さん

in アート・カルチャー・イベント

私のギャラリーmuprojectの記念すべきアーティスト第一号の小林浩さん。今ではアメリカのみならずアジア各国など世界中を駆け巡る大活躍をしています。浩さんは一応日本が拠点ですが、浩さんの絵を一目見て「これだ、この作品は私がアメリカで見せるんだ」と思いこんで夢だったギャラリーオープンに漕ぎ着けたので、Go Asia Goシリーズの第一弾はやっぱり浩さんで行きたいと思います。 東京芸術大学卒業後は作品がオークションハウス、クリスティーズで評価額の2倍近い値段で落札されたり、オペラシティーのプロジェクトNでの個展や福島県立美術館での3人展など大活躍が続いている浩さんです。... full story