Archives: アート・カルチャー・イベント

DCライフ89:David Hallberg

in アート・カルチャー・イベント

踊る姿もそうですが、立ち姿も美しかった。ABTとBolshoi Balletのプリンシパルダンサーを努めるディヴィッド•ホルバーグがジゼル公演のためにDCを訪れており、彼の歓迎会が友人宅で行われました。ディヴィッドの周りには2重に人の輪が出来ており、本当に輝いていましたよ。スピーチでは「ロシアは僕を本当に暖かく迎えてくれたけど、やっぱりアメリカはいいなあ」と言っていました。Weldome home!のかけ声もかかったりして。硝酸をかけられて失明寸前に陥ったBolshoi BalletのSergei Filinに認められてボリショイバレエで初のアメリカ人プリンシパルとなったのですが... full story

DCライフ87:戒厳令

in アート・カルチャー・イベント

タイ全土に戒厳令が発令されました。実は弟がタイ在住なのでとても心配しています。デモでは死者も出ているようだし。戒厳令が発令されたのは2006年のタクシン元首相が失脚して以来です。微笑みの国タイは実は政情不安定な国なのですよね。貧富の差が激しいことも不安定になる根幹なのでしょう。昨年3月にバンコクとプーケットにバケーションで行った時は怖い思いもせずただひたすら楽しく、美味しく、のんびりムードに浸ったのですが。弟には夜は出歩かず、あまり外出しないようにと言っておきました。2011年の大洪水といい戒厳令といい、タイでなんともすごい経験をしている弟です。 full story

DCライフ86:Godzilla

in アート・カルチャー・イベント

5月16日に全米公開されたゴジラの「リブート」作品ですが、初日に40億円近い興行収入を記録したそうです。ハリウッド版が私たちが育ったオリジナルのゴジラよりも良いとは思えなくてまだ見ていません。私たちの時代のゴジラって哀愁があって人々のドラマがあって、子供番組とは思えないほどの深さだったと覚えています。でもハリウッドは「派手で浅く」がお得意ですからビジュアル的には到底オリジナルが太刀打ち出来ないようなものが期待出来ると思うけど、ドラマ的にはなんとなく残念な結果に終わっているのではないでしょうか。なんて見る前から決めつけちゃいけませんよね。... full story

DCライフ80:母の日2

in アート・カルチャー・イベント

風船付きの朝ご飯でした。娘が作ってくれたのですがトリュフオイルとトリュフ入りのお塩のスクランブルエッグ、トースト、ラズベリーとグリークヨーグルトにカフェイン抜きのコーヒーというメニュー。リクエストしたパンケーキとは違っていたけどとっても美味しかったです。実は私が一番好きな朝ご飯のメニューがこれなのです。だからでしょうね。うー、優しい。その後は愛犬も連れて家族でアナポリスへ。ジョージタウンの喧噪を逃れる為に行ったつもりがここもすっごく混んでいました。以前は小さなクルーザーを所有していたのでチェサピーク湾に出て静けさを楽しむ事が出来たのですが。こうなったらゾディアックを買うしかないかも。... full story

イベント86:あと30分でパーティー

in アート・カルチャー・イベント

これからブラックタイのイベントに行くのですが愛犬のお散歩をして帰って来たばかりで、全然用意が出来ていません。さっき慌てて髪をセットしてもらいネイルもなんとか間に合ったのはいいのですが、肝心のドレスがまだフィットするかどうかが?なのです。このドレスはフランスとイタリアの国境が入り乱れる南仏のある村で見つけた物。確か4年くらい前だったと思います。それから一度ワシントンバレエ団のガラで着たきりなのでかなり不安。だって体型って毎年変わりますから、私の場合。今日のイベントは友人が主催しているオーケストラPost Classical Ensemble のパーティーで16st.... full story

アート18:AUN Jクラシックオーケストラ

in アート・カルチャー・イベント

和楽器奏者8人編成のAUN Jクラシックオーケストラの井上良平さん、公平さん兄弟、尾上秀樹さん、そして石垣秀基さんに初のアメリカツアーについてお話を伺いました。日本発の格好良さ尺八と三味線、お琴に篠笛そして和太鼓による和楽器オーケストラと聞いた時は「一体何者?」と思ったのですが、桜祭り閉会式のコンサートでは踊る方はいらっしゃるし、YAY!などのかけ声も凄かったですね。石垣:日本の伝統楽器は知っていたとしてもそれがどんな文化や歴史を持っているかまで知っている人は海外にはあまりいません。だからこそ観客の皆さんは音楽に対して素直に反応して下さるのだと思います。先入観がない分素直な反応?石垣:... full story

DCライフ74:先週末

in アート・カルチャー・イベント

なんとか先週末を無事に乗り切りました!重なる時にはいろんな事が重なる物ですよね。金曜日はコーコランボールに出かけたのですが、最近家族と過ごす時間があまりなかったのでデザートの前に帰って来ちゃいました。そして土曜日の初セミナー。集まって下さった皆さんのお陰でとっても素敵な会となりました。本当に有り難うございました。詳細は明日のブログで!その後知り合いの送別会に参加して、夜は娘のパフォーマンスを見に行き、日曜日はとても大切な友人が日本からDCに来たので、ミニパーティーを開きました。我が家のハウスキーバーは日曜日は何があっても働かない主義で、この14年間で一度も首を縦に振ってくれた事がありません... full story

DC ライフ73:コーコランボール

in アート・カルチャー・イベント

明日の夜はDCで最も華やかなイベントの一つコーコランボールがありますが、なんとドレスをまだ買っていないのです。この日は皆さんイブニングドレスに身を包んで出席されますが、フェーシャルの予約は取ったのにドレスの事はすっかり忘れていました。これから買いに行くといっても今日は歯医者さんの予約があって、おまけに午後はコーコランギャラリーにセットアップのお手伝いに行く事になっています。夜はケネディーセンターでワシントンバレエ団のバランシン公演があるし、こうなったら手持ちのドレスで行くしかないなあ。問題はまだ着れるかどうか。前回や前々回だと写真に写っているし、そうなるとかなり前のドレスになるけど、... full story

DCライフ71:ピーターパン

in アート・カルチャー・イベント

こんなペラペラのドレスで行ったからすっごく寒かった!夕べはケネディーセンターでワシントンバレエ団の「ピーターパン」公演のオープニングがあったのですが、皆さんドレスというよりは真冬の身支度でした。私も一歩家を出た瞬間に「しまった!」と思ったのだけど戻って着替えるのも面倒でそのまま運転して会場まで行ってしまったのです。ピーターパンは子供向けということもあって時間的にも2時間弱。踊るワニや空飛ぶピーターパンにウェンディと楽しいバレエです。お子さんがいらっしゃる方には特におすすめかな。バレエ団のプリマ大貫真希ちゃんがウェンディー役で本当に可愛らしかった。... full story

DCライフ69:Aun-J

in アート・カルチャー・イベント

今日のDCは一日中まるで台風のような雨。夜10時には雪マークが付いていました。本当かなあ。先週の日曜日は桜まつりの閉会式が桜の咲き乱れるタイダルベイスンで開催されました。気温は24℃前後でちょうど良い風も吹きこれ以上は望めないというほど完璧なお天気でしたね。だから人出が凄くて娘とはぐれそうになってしまうほど。閉会式も大盛況で今回インタビューさせて頂いたAun-Jクラシックオーケストラの演奏途中には花吹雪も。和楽器の演奏とぴったりで雰囲気が最高でした。それにしても先入観がないというのは凄い事ですね。だって尺八の演奏で踊っている方がいましたから。なんとなく尺八っておとなしく聞くもの、... full story