Archives: エレガントで知的な英語

よく聞く表現90:LBD

in エレガントで知的な英語

リトル•ブラック•ドレスLittle Black Dressの略です。黒一色でシンプルなワンピースやカクテルドレスの事を指します。欧米では朝から晩まであらゆるシーンで活躍し、LBDは女性のワードローブの必需品となっています。これも元はと言えばココ•シャネルのお陰なのですよね。1926年にそれまで主に喪服の色だった黒をモードとして発表したからおしゃれの代名詞となったのです。それに黒は女性にとっても似合う色。私もLBD沢山持っています!写真は10月18日に自宅で開いた夫のお姉さんのバースデーパーティーにて。私もお姉さんもLBDです。... full story

よく聞く表現89:LMO

in エレガントで知的な英語

今年アメリカで大学受験を目指しているシニアの皆さん、がんばってくださいね。テストに追われて大変だったジュニアを乗り切ったのだから後少しです。Early Decision の締め切りまであと2週間!がんばれー。ということで受験生が一番避けるべきなのがLMOなのだそうです。大学受験関連の本にはこの単語は必ず出ています。アメリカの有名大学は4万通近くの願書が届きます。そして合格を手にするのはたったの1500人程だそう。だからこそLike Many Other「似たような人」だとますます大変になるとの事です。でも同じ人なんて一人もいません。皆さん自分を信じてLMOなど気にせず頑張ってくださいね。 full story

よく聞く表現90:Ta da!

in エレガントで知的な英語

英語版「ジャーン!」という感じでしょうか。子供も大人もちょっと得意な時など良く使います。発音は「タダー」。キュートですよね。写真:Saint Jean Cap Ferrat の港。曇っているのも青空の時とは違ってまた雰囲気があります。 full story

よく聞く表現89:Voila!

in エレガントで知的な英語

ジャーン!どう?見てみて!という感じでしょうか。お得意料理を作ったときとか、素敵なドレスをお披露目する時、サプライズの時などフランス語ですがアメリカ人も良く使います。発音はヴォアラ。写真は今来ている南仏の大好きな散歩道で撮ったジャカランダの花。 full story

よく聞く表現87:Happy Camper

in エレガントで知的な英語

7月と8月はバケーションに便利な英語の表現特集です。夏ですからハッピーな時や楽しい時に使える表現を中心に選んでみました。第一回目のHappy Camperは色んなシチュエーションで聞く事があります。意味としては「幸せな人、満足している人」という感じです。なんとなくかわいらしい響きなので子供にだけ使うのかな、と思いきや大人子供を問わずこの表現を使って大丈夫なのですよ。それからCamperとあるからキャンプの時だけ使うのかと思われるかも知れませんが、それは全然関係ありません。使い方:She is in NY visiting art galleries. She is a happy... full story

今週の言葉17:On Page 1 of George Clooney’s burn book

in エレガントで知的な英語

Burn Bookとは人に聞かれたくない色んな悪口を書いてある、とってもプライベートなノートの事です。2004年に公開になったリンジー•ローハン主演の映画「Mean Girls」で使われていたのを覚えている方もいらっしゃるかと思います。実際にこんなノートが本当にあるのかどうかは疑問ですが、このBurn Bookという表現は嫌いな人を表現する時に結構使われています。上記のQuoteはワシントンポストの社交欄にあったのですが、今回のジョージ•クルーニーとイギリスのタブロイド紙Daily Mailの騒動について「このタブロイド紙はこれでジョージ•クルーニーの最大の敵... full story

今週の言葉16:#LikeAGirl

in エレガントで知的な英語

「女の子らしく」とはどういうことか?にチャレンジする#LikeAGirlキャンペーンを展開しているのは大企業のプロクター&ギャンブル。ここの製品の一つにAlwaysという生理用品ラインがあるのですが、その秋のプロモーションで以下のビデオを作成し、それが話題になっています。https://www.youtube.com/watch?v=XjJQBjWYDTsこのビデオの中で年齢層が上の女性達と男性、そしてまだ小さい男の子に「女の子らしく走ってみて」「女の子らしく喧嘩してみて」というと内股でちょこちょこ走り、「キャー」という感じに手を振り回し、まさにステレオタイプ的反応を示します。... full story

今週の言葉15:drybar Bill

in エレガントで知的な英語

シャンペンの力は法律まで動かしてしまうのですね。全米展開のブロードライだけをするヘアサロン「drybar」ではお客さんにサービスでシャンペンをお出ししています。でもメリーランド州の法律では「ヘアーサロンでアルコールを出しては行けない」と決められていて、メリーランドにあるドライバーではシャンペンを振る舞う事が出来なかったのです。それで立ち上がったのがロビーストと呼ばれる法案改正を働きかかけるプロ達。そしてとうとう今日法律改正案が通ったのです。これはdrybar Bill(ドライバー法案)と呼ばれています。これでメリーランド州でもブロードライの間にシャンペンが飲めるようになったわけですが、... full story

よく聞く表現86:Women’s Empowerment

in エレガントで知的な英語

映画「アナと雪の女王」の陰に「女性が輝く社会」あり!そしてそれが空前の大ヒットにつながっているという話を聞きました。アメリカでも大ヒットでしたが、私もこの映画が大好きです。果敢にチャレンジする女の子の姿はとてもcool 。こういうイメージがもっともっとメディアに出るといいのに、と思います。Women’s Empowerment は言うなれば「女性が輝く社会」の事です。アメリカでももっと法律を充実させて女性の社会進出を助けて行こうとがんばっています。 full story