Archives: エレガントで知的な英語

よく聞く表現66:Squeaky gear gets the oil

in エレガントで知的な英語

 ギーギー音がする所にはオイルが塗られる、つまり声を大にして意見を言ったり目立ったりすると面倒を見てもらえる、という事です。アメリカでは良い意味でも悪い意味でもsqueaky gearは目をかけられる事になります。日本的感覚からすると「目立つ」とか「声を大にして発言する」または「文句を言ったりする」事は謙遜の美からかけ離れていて下品という事になりそうですが、大多数が出る杭になりたい国アメリカでは時にはSqueaky gearにならなければ自分の番が回って来なかったり、見過ごされてしまいます。「me, me」という感じが先行しますが、権利の主張というニュアンスもあります。... full story

よく聞く表現65:Protest

in エレガントで知的な英語

 デモやデモンストレーションの事です。トルコの反政府デモなどオリンピック招致に絡んで会話に出て来る事も多いかと思います。何となくデモでも通じそうですが、全く意味が違いアメリカ人にはわかってもらえません。因にシリアで起こっている内戦はcivil warとなります。すでにprotestの域は超えているのです。 full story

よく聞く表現64:Double Mastectomy

in エレガントで知的な英語

最近女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝的に乳がんにかかる確立87%と言われ、ガン発症予防の為にPreventive double mastectomy手術を受けた事から、賛否両論も含め俄然注目されているのが両乳房切除手術。アメリカでは10年程前から実施されているようですが、日本でも実施の検討に入った病院があるとの事。この手術でジョリーさんが乳がんにかかる確立は5%まで下がったそうです。「女性には自分を守る為の選択肢があるという事を知って欲しい」と彼女は言っていましたが、まさしく行動する女性ですよね。女性として大変勇気のいる決断だったと思います。これからも応援しています! full story

今週の言葉:Keep Merida Brave

in エレガントで知的な英語

 昨年大ヒットしたディズニー映画「メリダとおそろしの森」のヒロイン、メリダはかなりお転婆なルックスでした。ところが今回ディズニーが商品用にそのルックスをいかにもなお姫様バージョンに変更した所、あっという間にネット上で「Keep Merida Brave」と抗議の声があがり200,000人以上の反対署名が集まったのだそうです。大人っぽくドレスの胸元も大きく開きウエストもギューっと絞られセクシーにイメージチェンジされたメリダはアメリカで抗議の的となり、ディズニーは変更することを止める決定を下しました。原題が「Brave Merida」だった事もありますが、... full story

よく聞く表現63:heimlich maneuver

in エレガントで知的な英語

 先日野球観戦の合間にホットドッグを食べていた28才の女性が突然倒れ窒息死してしまいました。このように誰かが喉に物を詰まらせて窒息しそうな時911に電話した場合、救急車を待つ間に試すように言われるのがおそらくこの言葉「Try Heimlich Maneuver!」です。以前この言葉の意味が分からなくて警察に電話をかけた人が困ってしまったという話がありましたが、私もこの警察と通報者の会話を聞いた時は何の事か分かりませんでした。ヘイムリッヒ・マニューバーとは喉に物が詰まった時その人の背後に回って両手をお腹の辺りにまわし想いっきり押し上げるという方法です。... full story

よく聞く表現62:humble

in エレガントで知的な英語

 謙虚ということですが、どんなに成功しても謙虚であるという事はアメリカで非常に評価される態度です。昨日国民栄誉賞を受賞した松井秀喜選手に関してコメントを求められたアメリカ人は、He is very humbleと評していました。これに反して傲慢な方にはarrogant やin your faceなどという表現が使われます。アメリカでは確実に失笑を買う態度です。アメリカ人でいったらドナルド・トランプがその代表格かと。どんな時でもhumbleでありたいものですよね。 full story

今週のことば:We came this close, but we missed the boat

in エレガントで知的な英語

 「遅過ぎて欲しかった物を取り逃がしてしまった」とは今ニューヨークで話題の大富豪の会計士の言葉。間に合わず手に入れられなかった物とは、何と約40億円の使途です。miss the boatって詩的な表現ですよね。ボートに乗り遅れるという表現には誰もが共通に感じられる悲壮感とか切迫感があります。今の時代なら飛行機に置き換えればもっと共感出来るかもしれませんが。ところでこの話題の大富豪とはホロコーストのサバイバーでニューヨークの不動産デベロッパーだったRoman Blumさん。昨年97才で亡くなったのですが、天涯孤独だった為Blumさんはしばらく霊安室におかれたままだったようです。... full story

今週のことば:In our thoughts and prayers

in エレガントで知的な英語

 ボストンマラソン爆破事件を受けて、全米の人々が昨日一度は口にしたのではないでしょうか。You are in our thoughts and prayers. (あなたのために祈っています)テロとして捜査を始めた事を明らかにしたオバマ大統領は「必ず正義の裁きが下される」と言っていました。このような悲しい事件が繰り返されません様に。写真は3月に行ったタイの夕日。 full story

今週の言葉 2:You need a certain sense of humor

in エレガントで知的な英語

突然妻に離婚を言い渡されて以来ずっと沈黙を続けていたトム・クルーズが、ドイツのテレビ番組ProSiebenで初めて離婚について語りました。その時の言葉が“Life is tragicomic. You need a certain sense of humor."(人生って悲喜劇のようなものだから、ユーモアのセンスが必要なんだ)「なんちゃってね」と笑い飛ばせたり、シリアスになりすぎないような空気を作るのもユーモアのセンスでしょうが、ちょっと同感です。生きるって大変ですから。アメリカではこの「Sense of humor」が非常に重要視されます。あまりに四角四面の方は「... full story

よく聞く表現61:Wisdom Teeth

in エレガントで知的な英語

 親知らずの事です。アメリカでは虫歯になり易いとかその他の理由で抜く事を勧められるケースが多いようです。私も下の親知らずを2本いっぺんに抜いたことがあるのですが、全身麻酔が切れた後あまりに痛くて強い痛み止めを飲んだら24時間眠り続けてしまいました。目が覚めて良かったです。アメリカではWisdom Toothというと顔をしかめる方が多いのはおそらく全身麻酔という大事感と抜いた後の痛みがあまりにも有名だからでしょう。アメリカでは歯の治療中に患者が死んでしまったケースが時々ニュースになります。多くは麻酔薬へのアレルギーで心臓マヒになるケースですが、... full story