Archives: ジェットセッターな旅

旅127:南仏日記13

in ジェットセッターな旅

ヴェニスビエンナーレを満喫してまたまたパドバに泊まり月曜日に南仏に帰ってきたのですが、イタリアの高速は怖かった!時速160kmで運転していても「遅い!」という感じに後続の車がピッタリとくっついて来るんだもの。でも全行程5時間半を夫一人に運転させるのは可哀想だし頑張りました!明日はDCに帰ります。ケープコッドから日本に行ってそこから南仏と、一ヶ月もDCを留守にしていました。そろそろ家が恋しくなってきた所です。写真はノルディック館のサンドアートと一緒に。  full story

旅126:南仏日記12

in ジェットセッターな旅

週末を利用してベニスに来ています。ベニスビエンナーレを見学するためですが、今回は素晴らしく良い!ここ何回かあんまり面白くなかったので、久しぶりに来て良かったと思えました。特に現代アートのものすごく今の人だけじゃなくて昔からの大物も沢山展示されていて、現代アートが全体的に見れる素晴らしい展覧会だと思います。月曜日はお休みということで日曜日8時間で見て回ったのですが、最後の一時間は飽和状態に。でも一日中28度くらいで時折さわやかな風も吹いて、この18年間で一番良いお天気でした。今回一番良かったパビリオンは日本館の塩田千春さんの作品とフランス館の動く木。全く違った作品ですが、... full story

旅125:南仏日記11

in ジェットセッターな旅

今週末はベニスに行ってきます。ここから車で片道5時間半くらいかな。ベニスビエンナーレを見に行くのだけど8月のベニスはものすごく混んでいるからそこから電車で30分くらいの所にある町、パドバにお泊まりです。2泊して月曜日の夕方帰ってくる予定。土曜日の午後と日曜日一日で何とか出来るだけ多くのアートを見てこようと思っています。それにしても強行軍かな。夫は早速パドバの町のレストランを予約していましたけどね。写真は夕べ行ったマラビーチにて。今回夫は踏んだり蹴ったりなのです。まず初日にバゲットを食べていたら石ころかなにか入っていたようで歯にヒビが入り、... full story

旅124:南仏日記10

in ジェットセッターな旅

お誕生日のディナーは滞在しているヴィルフランシュのアパルトマンから車で25分ほどのところにあるLa Turbieという町にあるレストラン、hostelleir Jeromeにて。 ミシュラン一つ星でコースとアラカルトがあります。でもまずはワインから。と思ったのですがワインリストがずっしりと重くてお手上げです。ですからソムリエの女性の方にどんな感じが好きかそして予算をお伝えして選んで頂くことにしました。そして彼女の一押しがなんとニース近郊で作られた白ワインだったのです。ニースの北の方の山の中で作られしかも数量が少ないのでこの辺りでしか飲めない貴重なワインということだったのですが、最初は「え、... full story

旅123:南仏日記9

in ジェットセッターな旅

今日はお誕生日でした!夫と娘が計画してまず最初はエズビレッジにあるホテルChateau Ezeにてドリンク。大好きなアペリティフ、カンパリソーダを頂きます。海と山が見えるバルコニーの席も良かったのだけど、そこに隣接したいかにもフレンチな書斎の雰囲気が気に入ったのでそこに落ち着く事に。ここはエズで一番有名なChevre d'Oreよりもこじんまりとしていて個人的にはこちらの方が気に入っています。お食事も美味しそうでした。来年はぜひここでディナーを頂きたいなと思っています。南仏の良い所は海だけでなく山も楽しめるという事。... full story

旅122:南仏日記8

in ジェットセッターな旅

イタリアに入った瞬間からカオスの度合いが違います。朝ちょっと泳いでからお昼過ぎにイタリアのサンレモに向けて出発したのですが、途中渋滞にあって到着したのは2時半過ぎ。お目当てのレストランMare Blueはものすごい混みようで、席待ちのリストもないからその辺でウロウロしながらウェイターを捕まえてなんとか待っている事をアピールします。私はこういうカオスは苦手で、それに待つのも嫌い。だけどここの食事は苦手な事二つを克服する価値が大有りなのです。30分後にテーブルについてまずはシチリア産のきりっと冷えた白ワインをオーダーします。その次はメニューなしで大丈夫。... full story

旅121:南仏日記7

in ジェットセッターな旅

なんと昨日は一日で2回も救出されるはめとなりました。一回目は朝のサンジャンキャップフェラでのセイリングの時。風がないから無理と言われたのにどうしても行きたくてビーチからモーターボートで引っ張ってもらって決行したらやっぱり風が全然なくて、結局自力でビーチに帰ってくるのは無理となりまたまたモーターボートでお迎えに来てもらいました。しかもカタマランというヨットに3人も乗っているからますます動かないということで私はモーターボートに移る事になったのです。でも実はモーターボートが大好き。だからそれはそれでラッキーだったかな。そして午後。今度はマラビーチにて。娘と一緒にパドルボートをしたのだけど、... full story

旅120:南仏日記6

in ジェットセッターな旅

朝起きるとこの景色が目の前に広がっていて、テラスでコーヒーを飲みながらのんびりと「今日は何をしようかなあ」なんて考えながら一日が始まります。今日こそはセイリングに行こうと思っています。風がなくても決行したい!8月15日を境にお天気が変わると言われますが、確かに風も少し涼しくてそれに海の色もちょっと違うような感じです。ブルーがもう少し濃くなっているような感じがするのは気のせいかなあ。ところでここに来てから大好きなクロワッサンとバゲットを食べ放題に食べているからこの辺りで真剣に運動しないとDCに帰ってから大変なことになりそうです。とはいいつつやめられない。... full story

旅119:南仏日記5

in ジェットセッターな旅

今朝起きたら曇り空でした。絶好のテニス日和と朝の10時にコートに出かけ、その後はイタリアンカフェでオムレツとバゲットとカフェの朝食。それでもまだ曇り空だったので、エズにあるニーチェの小道というハイキングコースを歩く事にしました。1時間ほどのコースですが、ずっと登り坂なので結構いい運動になります。時に小雨もぱらついたおかげで昨年挑戦したときよりもずっと楽な感じがしました。帰りはエズヴィレッジからバスに乗ったのだけど、それでもまだ曇り空だったのです。でも昨日はビーチに行かなかったからどうしても泳ぎたくてサンジャン•キャップフェラまで足を伸ばしました。... full story

旅118:南仏日記4

in ジェットセッターな旅

毎年南仏に来る度に必ず立ち寄る所があります。ヴィルフランシュのホテル•ウェルカムもそのひとつ。18年前に初めて一人でこの地にやって来た時に泊まったホテルなのです。学生だからなるべく安い部屋をと予約して滞在したのは屋根裏部屋のような部屋でした。天井は低いのだけど地中海が望める窓が可愛らしくて、3日間素敵な時間を過ごした事を覚えています。そしてその年に夫と出会って毎年南仏にくるようになったのだから、本当に人生って何が起こるかわかりませんね。夕方ドリンクの時間に行ったら赤いドレスを着た女性だけのジャズバンドが音楽を演奏していました。そしてキーボードはなんと日本人の女性だったのです。... full story