Archives: ビューティー&ファッション

美の話9:Fuelピラテス

in ワシントンDC情報, ビューティー&ファッション

 最近ハマってます。近所に今年出来たばかりの新しいピテテススタジオなのですが、ここのXtend Barreというグループレッスンがものすごい効き目なのです。このエクササイズはヨガとピラテスとウェイトリフティングとエアロビクスを交ぜたような感じで、使うウェイトもたった500グラムとあって「楽勝楽勝」と始めたのですが、とんでもない。最初の15分が終わる事には筋肉がブルブルでした。通い始めて3週間になりますが、週二回で確実に効果はあがっているような気がします。食欲の秋にはぴったりの運動ですよね。Fuel Pilates 3214 O st., NW, Washington DC... full story

美の話8:ミッソーニforターゲット

in ビューティー&ファッション, ワシントンDC情報

 買えませんでした、やっぱり。普段ならセーター一枚で何百ドルもするイタリアの高級ニットブランドのミッソーニが、低価格とデザイン性が売りのターゲット(ファッショニスタはタージェーとフランス語風に言ってます)と組んで期間限定で展開したMissoni for Targetですが、大変な騒ぎですね。何しろミッソーニが$20から$40で買えるのですから。オンラインショッピングサイトはパンクし、お店には開店前から長い行列が出来たようです。9月13日丁度にオンラインで買おうと思っていたのにすっかり忘れてしまって、今日になってサイトに行ってみたら、「これはちょっと変かも」... full story

美の話7:カスタムメイドのドレス

in ビューティー&ファッション

 アメリカのソーシャルシーズンは9月のレイバーデイ明けに始まります。これから来年の5月末までありとあらゆるチャリティー、政治、NPOにNGO、美術館にパフォーミングアート等の団体が、夜な夜な資金集めのパーティーや華やかなイベントに興じることになります。私はもともとパーティー好きですが、ここに来てから生来のパーティー好きが開花したような気がします。特に子供の教育やアート関係など自分が信じるチャリティー関係のイベントには力が入ります。でもパーティーやイベントって華やかな分、ファッションとは無関係ではいられません。私は昔から家に居る時はパジャマ、外に出る時はジーンズにシャツが定番で、... full story

美の話6:40代の肌の真実と英国政府

in ビューティー&ファッション

イギリスでジュリア・ロバーツが広告塔となっているランコムのファンデーションと、クリスティー・ターリントンがモデルを務めるメイベリンのファンデーションの広告が禁止になりました。理由は二人とも写真にたくさんの修正が加えられていて、実際の製品が提供するであろう事実からかけ離れているため、だそうです。 これってどう思います? 確かにお二方とも40才を過ぎているわけですからポスターで見かけるように皺がひとっつもなくて、肌が赤ちゃんのように透明でピンとしているということはありえないでしょうが、あまりに現実的な写真をみせられても説得力はゼロ、購買意欲はわきませんよね。 私は化粧品を買う時に、「まさかねえ... full story

美の話5:夏アトピーとアンチエイジング

in ビューティー&ファッション, ヘルス

夏のお肌のお手入れに欠かせないのがこの二つのクリームです。アンチエイジングの基本は「肌を乾燥させないこと」。我が家では顔用にバセリンのようなちょっと重たい「アクアフォア」と、全身用にはさらっとしたクリーム状の「セタフィル」を使っています。どちらもアメリカのスーパーやドラッグストアで売っているもので、一びん13ドルぐらいとお手ごろ価格のものです。 夏の肌は汗とプールなどの消毒剤、日焼け止めに直射日光、虫除けなど、冬よりも酷使されているのです。それで知らないうちに乾燥も進んでしまうのですね。ちょっと顔の乾燥がひどいときなどほんの少しアクアフォアを塗っておけば、次の日は肌がしっとりしてますよ。... full story

美の話3:ローラメルシエの日焼け止め

in ヘルス, ビューティー&ファッション

本当は小麦色の肌が好きなのですが、そんなことを言っている場合ではない今日この頃です。ちゃんと帽子を被れば良いのですが、どういう訳か必要な時に限って忘れます。ですから日焼け止めだけはちゃんと塗るようにしています。 もともと太陽光線の吸収が異常にいいようで、日焼け止めを塗っていても焼けてしまうから、評判の日焼け止めはすぐに試しています。そこで最近のお気に入りがLaura MercierのFlawless Skin Daily Face Shieldです。SPFは40ですが、肌の乾燥そしてしわの原因になる空気の汚れからも肌を守ってくれるという優れものです。... full story

ヘルス3:年間1万人が発症する皮膚がんから身を守る

in ヘルス, ビューティー&ファッション

最近の日焼け止めにはUVB とUVAの両方が表示されている製品があるのをご存知ですか? 今まではSPF(Sun protection factor)といって日焼けの原因となるUVBから肌を守る数値のみがパッケージに表示されていましたが、UVBから肌を守るだけでは皮膚がん防止にはならないそうです。 UVBよりも恐ろしいのはUVA. これはUVBよりも皮膚の深いところに浸透するもので、皮膚がんの原因となるそうです。ですからUVBだけではなくUVAの表示も必要だということなのです。 そこでFDA米国食品医薬局は来年から日焼け止めのUVAの表示を強化することになりました。... full story

海外ゴシップ5:Lady Gagaの妹

in ビューティー&ファッション, アート・カルチャー・イベント

Lady Gagaって大好きです。新曲「Born This Way」の歌詞にある「私はこのままの自分で美しいの。いつまでも過去を後悔なんてしない。自分を愛してこのまま思い通りに生きていくだけ。だってそれが私の人生だから。」(私の訳なので実際のCDの日本語訳とは違うかも) このまっすぐな潔さが私は好きです。Lady Gagaって苦労人なんですよね。何しろ音楽に専念するためにNYUを中退し19歳で契約したレコード会社からはたったの半年で見限られ、その後2008年に再デビューするまでの3年間全くの無名だったのですから。今年は「ハリウッドパワー番付」でオプラ・... full story

ビューティー:アーウィン・ゴメズさん

in ビューティー&ファッション

ワシントンDC一のセレブ御用達メイクアップアーティストといえば、もちろんアーウィン・ゴメズ (Erwin Gomez)。またの名を、Eyebrow Guruといい、眉毛を整えさせたら右に出るものはいない、というぐらい有名です。オバマ大統領一家の眉毛も担当しているのですよ。 7歳の時にフィリピンから南カリフォルニアに移住し、若干17歳でシャネルのメイクアップカウンターからキャリアが始まり、エリザベス・アーデンのレッドドアサロンで売り上げナンバーワンとなり、ワシントンDCの一等地に素敵なビルを買い取りサロンをオープン。以来ハリウッドで2番目にパワフルなオプラ・ウィンフリーを始め、... full story

美の話1:ハンターのレインブーツ

in ビューティー&ファッション

今週一週間はずっと雨という予報が出ているワシントンDCですが、本当に毎日よく降りますねえ。こんなお天気にかかせないのがレインブーツ。チャールズ皇太子の奥様カミラ夫人が長靴姿でかの有名な写真家アニー・レイボウィッツのポートレイトに登場して以来、レインブーツはファッショニスタからも市民権を受け、今やおしゃれの必需品と言う感じです。 一番人気は圧倒的に英国王室御用達のHunterのレインブーツではないでしょうか。ココ2・3年ブーツの正面に白地に黒でHunterとブランド名が書かれたレインブーツをよく見かけます。冬にはUggsに対抗してフワフワのフリースの中敷も売っていて、... full story