Archives: ワシントンDC情報

最新ワシントンDCレストラン情報

in ワシントンDC情報

昨年ミシュランワシントンDC版が発売されましたが、なんと全米で4ヶ所目なのです。私が移住した当時はワシントンと言えばさえない食の町でしたが今では全米でも注目のグルメタウンになっちゃったのです。やっぱりAOLなどハイテク関係のプライベートセクターがDC近郊に出来て若い人たちが移り住んで来たことが大きいのでしょうね。それと元々コスモポリタンな町だからバラエティも豊富なのです。まずはミシュランスターを獲得したレストランのリストから。あ、なんと日本食レストランも一つ入っているのです。私が大好きなすし太郎さん!二つ星Inn at Little Washington ... full story

ミスティ・コープランド

in ワシントンDC情報

バレエ界という枠を超えて大スターへの階段を駆け上がっているミスティ・コープランド。ワシントンDCでの講演会に行って来ました。彼女がここまで有名になったのにはいろいろ理由がありますが、まずこれまで黒人にはバレエは無理と言われたいた通説を覆しアメリカ5大バレエ団の一つでアメリカを代表するバレエ団アメリカン・バレエ・シアター初の黒人プリンシパルダンサーとなったことがあります。しかも3歳とか5歳から始めることが多いバレエをミスティが始めたのはなんと13歳の時!それってものすごく遅いスタートです。... full story

信じられない本当の表示

in ワシントンDC情報

こういうところが私の大好きなアメリカなのです。「就任式につき渋滞が予想されます。カナダへの移住をお考え下さい」なんて素敵なジョーク!もう最高です。友人が送ってくれたのだけど嘘かと思ったら本当何ですって。だけどこれって公的なものだからきっとこの洒落た文句を考えた方、お叱りを受けるのでしょうねえ。でもこれだけ人望のない人が一番上になったのだから許されてもいいのじゃないかな。今日はWomen's marchでした。就任式の午前11時には19万枚売れた地下鉄の切符が今日のWomen's Marchでは同時刻で27万枚だったのですって。アメリカの良心はきちんと機能しています。... full story

就任式の舞台裏

in ワシントンDC情報

トランプさん本当に人気ないですね。オバマ大統領の就任式の時は人人人で埋め尽くされていたのに、今回は数えられるんじゃない、というくらいしかいません。当然ですが。就任式の前にワシントン大聖堂でのお祈りがあったのですが、これがまたまた大論争でした。大聖堂には専属の聖歌隊がいるのですがこれが全部子供なのです。そしてこの子供たちの親が「トランプのために歌わせるなんてとんでもない!」と大抗議。新聞にも抗議の文が載って大変でした。明日は全米から25万人が集まってWomen's Marchがあります。やっぱり女性蔑視って許せませんから私も参加します。 full story

DCライフ:就任式前のワシントンより

in ワシントンDC情報

我が家が昔住んでいたカロラマ地区にオバマ大統領がお引越しされ、ついでにイバンカまで家を買っちゃったから大変なことになっているそうです。カロラマに住んでいる友人は道が閉鎖されていたりパパラッチが凄かったりで生活環境が激変。これが最低今後4年は続くのかと思うと引っ越したいと言っています。それから値段が高騰した方「売りたい」という人も多いのだそうです。不動産屋をしている友人はこの2ヶ月休日返上で商売大繁盛だそう。政権交代ってものすごい経済効果ですよね。ちなみに私が今住んでいるジョージタウンですが皆さん就任式ボイコットで別荘に引き上げています。ものすごく静か。... full story

DCライフ337:お誕生日

in ワシントンDC情報

今年のお誕生日は娘が選んでくれたワシントンのレストランでお祝いしました。帰って来てからとってもバタバタしていて自分のお誕生日も忘れてしまうくらい。だって今9月に日本で行うワークショップの準備に追われているのです。すっごい楽しい作業が続いて疲れは全くないのだけど、おかげですっかり夜更かししています。「安倍」マリオは見逃さずにすんでラッキーでした。アメリカでも評判よさそうです。明日は大好きなとっても素敵なアスリートたちと一緒の「なりたい自分になる」ワークショップがあります。楽しみ! full story

DCライフ326:週末の予定

in ワシントンDC情報

さくら新聞のインタビューでNew Ohchestra of Washington (NOW)の芸術監督アレハンドロさんとその奥様グレースさんにお話を聞きに行って来ました。そうしたらこんなに可愛い赤ちゃんもいたの。私が被っていた帽子が珍しかったようでじーっと見つめられちゃって。やっぱり赤ちゃんって最高ですね。ほっぺなんてもうぷくぷくなの。カフェでのインタビューでしたがその後は一時間ほど居残ってライフコーチのお勉強をしました。私はどういう訳か家で勉強って出来なくて。なんとなく気が散ってしまってしょっちゅうキッチンに行ったりしてしまうのです。反対に書く時は断然家です。他では書けない。変ですよね。... full story

DCライフ325:ヒラリーの勝利

in ワシントンDC情報

民主党大会は愛に溢れています。やっぱり憎しみよりは愛ですよね。だってポジティブだもの。普段は政治には距離を置いているのですが今回は共和党大会も民主党大会もずっと見ています。共和党大会が終わった時は「う、どうしよう」と思うくらいトランプ強いなあ、と感じたのだけど民主党大会2日目が終わって「これは絶対ヒラリーが勝つ」と思えました。トランプってメッセージがシンプルだから誰にでも分かり易いし、それに家族が美しい。見た目第一のアメリカでこれは強烈なインパクトがあります。そして人々に恐怖を植え付けて支持層を狂信的なクリスチャンから幅広く広げたし、本当に危ないと。... full story

DCライフ324:民主党大会

in ワシントンDC情報

それじゃなくても毎日うだるような暑さだというのに共和党大会でのメラニアの盗作問題とテッド•クルーズの最後の抵抗に続いて今週は民主党大会直前での党大会代表の辞職(クビ?)のスキャンダル、そしてその原因となったeメール漏洩事件の陰にはロシア政府が絡んでいる、なんて話で本当に熱い熱い。暑いから愛犬とのお散歩もままならないし、党大会中継からは目を離せないし、もうほとんど引きこもり状態です。おいしいものを食べに行く時以外は。写真はチャイナタウンにあるパイ専門店Dangerously Delicious Pies。色んなベリーとピーチのパイが美味しかった!アイスクリームも一緒にね。 full story

レッドスキンズチアリーダー、橋詰あずささん

in ワシントンDC情報

今年4月にNFLレッドスキンズのチアリーダーオーディションに合格した橋詰あずささんにお話を伺いました。社会人になって始めたチア高校でも大学でもチアの経験は全くなく社会人になってからチアを始めたとか?大学卒業後普通に就職して3年仕事をして余裕が出て来た26歳の時に仕事以外で有意義な時間を過ごしたいなあと思った時にダンスに関わる何かをしたいと思いました。それで知り合いがチアをやっていて興味を持つようになり日本にあるアメリカンフットボールチームのIBM BigBlue というチームのオーディションを受けて見ようかなあと思ったのがチアとの出会いです。... full story