Archives: ワシントンDC情報

DCライフ243:クリスマスツリー

in ワシントンDC情報

昨日は素晴らしい秋晴れだったので、007の映画をやめにして夫と愛犬とジョージタウンの我が家から車で20分の所にある散歩道にお散歩に行って来ました。以前1年間だけ桜で有名なケンウッドに住んでいた時には毎日のようにお散歩した道です。20分くらいでベセスダのダウンタウンに着くのでその後カフェに寄ったりちょっとショッピングも出来るからお天気の良い日はのんびりするのにピッタリ。だけどクリスマスツリーを3つも見ちゃったの。これって早過ぎません?感謝祭もまだだし、11月半ばにもなっていないというのに。これではクリスマスが来る頃には疲れちゃいますよね。昨日は特にお天気で暖かかったから本当に変な感じでした... full story

DCライフ242:モータウンパーティー

in ワシントンDC情報

やっぱりモータウンって最高です!でも結構コンサバな会場だったのでとりあえず髪だけ60年代風にして出かけて来ました。ソーダファウンテンもあって雰囲気最高!大好きなダイアナ•ロスのナンバーも沢山演奏してもらえてご機嫌で真夜中近くに帰って来ました。だから今朝は普段通りの5時半起きではなく久しぶりに寝坊です。それにしても本当に良いお天気。それに今日は一日お休みと決めたから午後は夫と愛犬アスペンと一緒にベセスダにお散歩にも行けました。今週はブッククラブの集まりが我が家であります。実はまだ本を半分も読んでないのです。こうなったら明日もお休みにして一気に読むしかないかも。 full story

DCライフ241:久しぶりにのんびり

in ワシントンDC情報

昨日までとってもいいお天気でした。24度ぐらい。だから愛犬を連れて久しぶりにのんびりとお散歩に行ってきました。日本とタイから帰って来て以来、時差ぼけで睡眠不足となり、NYに一泊で出かけ、今週の月曜日は日本大使館広報部で行われた日本のワークライフバランスに関するパネルディスカッションのモデレーターを努め、火曜日はマイアミ•シティ•バレエ団の創設者のエドワードさんとワシントンバレエ団の芸術監督セプティームさんと一緒の夕食会でFiolaにでかけ、娘の学校では三者面談があり、そして金曜日はライシャワーセンターの所長さんでアメリカで最も尊敬される日本研究家のお一人であるケント... full story

DCライフ236:日本に行ってきます

in ワシントンDC情報

フィリップスコレクションの日本アート視察旅行に行ってきます!ちょっと早めに行ってまずは時差ぼけ対策。だけど考えられるのはもう食べ物のことばかり。まずは広尾のさわむらでクロワッサンを食べ、次は麻布十番の浪花やでたい焼き、それからナショナル麻布で売っているフレンチエメンタールも欲しいし、ピエールエルメのケーキも食べたい。松露の卵焼きは絶対だし、それからひそかにコンビニのおむすびも食べたいなあ。ツアー開始前に大好きなものを沢山食べて仕事に備えます。だけど愛犬に会えない寂しさは広尾のペットショップを覗く事で間際らわせるしかないなあ。 full story

DCライフ235:後一週間!

in ワシントンDC情報

DCはすっかり秋めいてきました。ご近所もこんな感じにパンプキンで溢れています。そしてクライアントであるフィリップスコレクションの皆様22名との日本アート旅行も開始まで2週間を切りました。アートの視察旅行ですが、最後の一ヶ月になって怒濤のように細部の確認や調整が出て来て毎日すっごく働いています。ツアー自体は2週間後に始まりますが、私は時差ぼけ解消のためにも一週間早く行くのです。今一生懸命今回訪れるアーティストの皆さんの作品に関して読んでいる所です。現代アートの解説って私にとってはものすごく難しくてドキドキしています。... full story

Dc ライフ234:ローマ法王

in ワシントンDC情報

ワシントンDCをご訪問中のローマ法王ですが、今朝のホワイトハウスでの英語でのスピーチよかったですね。やっぱり通訳から聞くのとは違いました。ところで副大統領の家の前にあるバチカン市国の大使館は我が家から歩いて行ける距離にあります。噂ではここいら一体の道に規制がかかりものすごい渋滞になるとの事。だからバチカン市国大使館のご近所にある娘の学校などは渋滞が始まる前に登校出来るようにと朝一時間早く門を開ける事にしたくらいです。今朝などジョージタウンに住む子供たちは車での登校のかわりに朝早く起きて歩いて学校に行くと言っていました。我が家の娘は「早く起きるくらいなら遅刻したほうがいい」... full story

DCライフ227:ペットの救急病院

in ワシントンDC情報

我が家の愛犬の獣医さんはここから車で50分もかかるところにあります。でも本当に素晴らしい先生でスタッフもみんな優しいから片道50分も気にならないのですが、緊急の場合、それも夜の時は困っちゃいます。それでも我が家から車で15分の所にFreindship Animal Hospital という24時間開いている救急対応の獣医さんがいるので文句は言えないのですが。我が家のアスペンは滅多に病気をしないから獣医さんに行くのは歯磨きと予防注射の時くらい。それでも年に1、2回はやっぱり調子が悪くなる時があるのです。そしてそういうのは必ずといって良い程獣医さんが閉まっちゃった夜に起こるのですよね。... full story

DCライフ223;本の出版2

in ワシントンDC情報

本の出版にあたりDCで活躍する女性の皆様にインタビューをお願いしています。今日はパティシエの馬渕純子さんが我が家にいらしてくださいました。しかも純子さんが経営するBerry Muchのストリベリーケーキと一緒に!もうクリームがフワフワでとにかく日本のケーキの味なのです。アメリカでこの美味しさが体験出来るなんて本当にラッキー!昨日はインタビューでMaki Shopのオーナーのノリス安理さんにお話を聞きに行って手巻き寿司をごちそうになったし。それにしても女性の人生、本当に選択の一生ですね。お話を聞いていてうなずいたり、涙がでそうになったり、大笑いしたり。... full story

DCライフ221:近藤麻理恵さんの本

in ワシントンDC情報

お久しぶりです!本出版のプロジェクトが始まって先週から本にご登場願う自分らしく働く女性の皆様にインタビューをお願いしています。毎日インタビューが二つとかあって、ちょっとブログをお休みしちゃいました。でも来週からはもう少しレギュラーにアップしますね。昨日インタビューさせて頂いた私が大好きなDCのレストランオーナーが、この本を5年ほど前にお母様からすすめられて読んでみたら「考え方が変わった」とおっしゃってました。英語版がアメリカでもベストセラーとなっている「人生がときめく片づけの魔法」、私も読んでみようと思います。人生シンプルにスッキリと生きたいですからね。... full story

DCライフ219:アメリカはやっぱり危ない?

in ワシントンDC情報

こうも不穏なニュースが続くと「アメリカは危ない」と思われる方も多いかもしれません。ワシントンDCでは非常に凶悪な殺人事件が先月発生し(被害者は知り合いでした)、ニューヨークの刑務所を脱獄した二人の殺人犯は2週間近く立つのに未だに逃走中、そして昨日はサウスカロライナの黒人の教会に白人のガンマンが押し入り9人を殺害。うーん、確かに危険が一杯。だけどハッピーなニュースも沢山あります。例えば今週末は父の日でいままで家族のために自分の音楽の夢を諦めてサラリーマンをしていたお父さんに一日音楽スタジオで演奏出来るというプレセントをした家族の話とか、... full story