Archives: ワシントンDC情報

DCライフ200:日本アートツアー決定!

in ワシントンDC情報

昨年からずっと暖めて来た企画がとうとう実現することになりました。フィリップスコレクションと組んでの日本アートの旅です。プライベートコレクションを訪れたり直島に行ったりと、本当に今から楽しみです。定員21名分が売り切れてウェイティングリストになっているんですって。もうすっごく嬉しい!だけどこれからが大変。なにしろツアーコンダクトーの経験はゼロですから、専門家の意見を聞いて頑張ります。ということで今日は昨日とは打って変わってお天気なのに一日中オフィスで仕事なのです。藤の花の写真はアスペンのお散歩時に撮ったもの。あーあ、でも来週は安倍総理のご訪米で忙しく水曜日は大好きなDaryl Hall... full story

DCライフ199:フレンチマート

in ワシントンDC情報

あまりの忙しさに毎年恒例のフレンチマートをすっかり忘れていました。昨日の夕方家に帰る途中ジョージタウンがものすごい渋滞でやっと思い出したくらい。それで今朝は朝10時のスタート丁度に行ってきました。寒かったからかな。出足が悪かったようで、おかげで沢山のディールを見つけました。トーリバーチのテュニックは$295を$75で、ピンクタータンの黒いシンプルなドレスは$375が$100、ニコールミラーのデイドレスは$320が$100、それからとっても素敵なグリーンのクッションが$600を$150で。とにかく75%オフが沢山なのです。... full story

DCライフ197:ティーンの親なら必見

in ワシントンDC情報

友人のお供でテレビ局に行ってきました。というのも友人が始めたティーンネージャーの問題を扱ったウェッブサイトparentinsider.comが注目を集めているからです。過食症やゲーム中毒、麻薬やその他の薬物問題、そしてデートなどティーンを取り巻くいろいろな問題を、その道のエキスパートを探し出してインタビューの動画と記事を載せているのですが、本当に分かりやすくておすすめです。今日はアンカーのラリーさんと「子供のやる気」についてテレビで話していました。番組でのインタビューは3分ほどですが、役立つ情報が一杯。皆さんもウェッブサイトを覗いてみてくださいね。... full story

DCライフ192:ケンウッドの桜

in ワシントンDC情報

ものすごい人でした。我が家がDC郊外のゲートコミュニティー、ケンウッドに住んでいた15年程前は、ここまでお花見の人はいかなったような気がします。確かに家のお庭でピクニックをする方はいたのですが、それでもこんなに人でごった返すという状態ではありませんでした。昔からケンウッドの桜は有名でしたが、いつからこんなに超有名になったのでしょうか。警察も沢山パトロールしていてケンウッド内で路上駐車が出来るのはほんの数カ所だけという規制もあって本当にびっくりです。愛犬と一緒にのんびりと午後を過ごそうと思ったのですが、あまりの人と車でそれどころじゃありませんでした。... full story

イベント113:ミスティ•コープランド

in ワシントンDC情報

あれほど沸き立った会場というは初めてかも、というほどものすごい熱気でした。「バレエには適さない体型なので入団を認める訳にはいかない」という不合格通知を受け取っても自分を信じて頑張った結果、アフリカ系アメリカ人として初のアメリカンバレエシアターソリストの座を勝ち取った彼女。ファンが多いのも納得です。今回はワシントンバレエ団のゲストアーティストとして白鳥の湖を踊ったのですが、多くの方の批評通りミスティ•コープランドの踊りは確かに今までのクラシックバレエとはちょっと雰囲気が違います。それでもそのフレッシュな感じが受け入れられているのでしょうね。今回の公演ではEvermay... full story

ハッピーライフ50:ワシントンDCでおいしいパンを買うには?

in ワシントンDC情報

今まではかなりハードルを下げないといけなかったワシントンDCのパン事情ですが、昨年から救世主が現れました!コネチカット通り添いにある「Bread Furst」です。2年近く前に倒産したDCのパン+グルメのお店Marvelous Marketの元オーナーが再出発としてスタートしたパン屋さんですが、日本から来た皆様でも「美味しい!」と思えるほど本当に完成度の高いベーカリーです。値段は高めですが、その代わりバターはフランス産を使っていますしとにかく材料にこだわっているので、一口食べれば納得の値段かと思います。特におすすめはバゲット、クロワッサン、パンオショコラ、カヌレといったフレンチの定番かな。... full story

DCライフ191:ハッピーイースター

in ワシントンDC情報

イースターと言えばやっぱりひよことウサギとたまごかな。このバルーンは夫が見つけてきました。バスケットは我が家恒例のイースタエッグハント用です。でも私はたまごを見つけるのが本当に下手で娘が20個見つける間にたったの5個とかしか探せません。今年は愛犬にも手伝ってもらって何とか10個はゲットしたいと思ってるのですが。娘が小さかった頃は本当のたまごを茹でてそれから色を塗っていましたが、最近はプラスチックのたまごを使っています。半分に割ると中からプレゼントが出てくるのです。夫がプレゼントの係なのですが、チョコレートとか小さな紙切れに「スターバックスのギフト券」... full story

DCライフ190:大江千里

in ワシントンDC情報

DCのさくら祭りの一環で大江千里さんのケネディーセンターでのコンサートに行ってきました。「大江千里さんがジャズ?」と思ったらなんと47歳の時にジャズに転向するためにニューヨークに渡りジャズの学校に通ったそうです。いつも心の中にジャズがあって、いつかジャズをやりたいという夢があったそうですが、大成功した後の方向転換ですから勇気もいったことだと思います。肝心のジャズですが「こういうジャズもありなんだ」という感じのちょっと違った雰囲気のジャズでした。バンドはピアノ、ベース、サックスとドラムが無いシンプルな構成で、それも意外だったかな。ジャズの事は良くわかりませんが、in your... full story

DCライフ187:花粉症

in ワシントンDC情報

DCに3年住んだあたりから症状が出て来て、DCに5年住むと花粉症になる確立がものすごく高くなると言われています。私も3年目から鼻がむずむずしてきて、5年目にはお医者さんに行きました。そして18年目の現在は立派な花粉症患者となっています。今年はアスペンから帰って来た途端くしゃみの連続でした。花粉症は年々酷くなっているようです。緑が多いのは素晴らしいことなのですが、花粉症の私としては辛い所です。これから5月の半ばまで花粉症との戦いが続きます。毎年の事とは言え本当に大変。花粉症じゃない方が羨ましい。夫はもう40年以上DCに住んでいるのに全然平気なのですよ。ずるい。写真はアスペンにて。... full story

教育8:日米協会 

in ワシントンDC情報

日米協会のエグゼキュティブディレクター、マーク•ヒッツィクさんに今年のcinematsuri、Japan Bowl、そしてさくら祭りストリートフェスティバルについてお話を伺いました。日米協会のイベントは日本語ヨガにかんざしワークショップ、ランチタイムネットワーク等などバラエティー豊かですね。コーポレートメンバーの方からはビジネスに関するイベントの希望があったり、個人会員の方からは文化的イベントの要望があったり、日本語を話す機会への関心が高かったりで必然的に多種多様なイベントを企画する事になります。... full story