Archives: 海外起業&女性起業家

DCライフ24:キャパシティー

in 海外起業&女性起業家

 人は自分が思っている以上に色んな事をこなす能力があるんだなあ、と思ってしまいました。この9月からノンストップでしたが、特にこの一週間は分刻みのスケジュールでした。例えば月曜日。5時半起床。6時から7時スポーツクラブ。7時から7時45分は娘の朝ご飯と学校まで運転、その後帰って来て愛犬のお散歩をして朝ご飯、8時半から10時半までインタビューの資料読み、11時からワシントン日本商工会財団理事長のインタビュー、12時ランチミーティング、1時半から2時半クライアントのショップのパーティーに顔を出して自宅に戻り愛犬のお散歩、... full story

DC ライフ11:12月になったら

in 海外起業&女性起業家

 明日は感謝祭ですが、それが過ぎたら夫の家族と私の家族が次々とDCに遊びにやって来ます。一度にどっと来る時もあり、つい最近気が付いたのですがそうなるとベッドが一つ足りなくなるのです。というのもベッドのないベッドルームが一つあるからなのですね。でもこの日一日の為にベッドを買うのもなあ、と迷っています。ソファーベッドという手も考えたのですが、折角ベッドルームがあるのだからやっぱりきちんとした普通のベッドのほうがいいかなあ、でもあの部屋は椅子がひとつあるだけだから良いんだよなあ、と一人でブチブチ言っています。愛犬は先週末トリマーさんに綺麗にして頂いたばっかりですが、... full story

DCライフ12:すっごく怖かった!

in 海外起業&女性起業家

 皆さんはどのくらい頻繁に車のガソリンを補給しますか?私は残量が少なくなった時のランプが点滅してしばらく乗った後に渋々行くという感じです。でもその悪い癖が仇となりました!アーティストのスタジオは色んな所にありますが、中にはかなり治安の良くない所もあります。仕事の一部のようなものですから普段は全然気にしないのですが昨日はちょっと状況が違いました。出かけたのが遅く途中事故が3カ所あってもの凄い渋滞に巻き込まれ、家を出た時から点滅していたランプの様子からして間もなくガス欠寸前、という所まで来てしまったのです。... full story

DCライフ10:パジャマデイ

in 海外起業&女性起業家

 一週間に一回は誰とも会わない日を作っています。この日は家に籠って作業をする日に決めているから。コンサルティングではリサーチや書いたりする事も沢山あってマルチタスキングというよりは一点集中型の私の場合、固まった時間がないとこういう仕事はなかなか片付かないのです。そしてこの日は大抵一日中パジャマ!冬は特にそう。だってパジャマの上から長いダウンコートを着れば犬のお散歩にも娘のお迎えにも行けますからね。足下はスリッパだったりして。これもアメリカだからかなあ。東京でこんな格好で歩いていたら「ちょっと。。。」ですよね。写真はパジャマの上に着ているお気に入りのフリース。... full story

コンフォート起業10:「洋」のパワー2、等身大

in 海外起業&女性起業家

 「等身大」これが自分らしく働くキーワードです。前回「洋のパワー」で「ただ働き」が秘訣だと言いましたが、このただ働きを可能にするのが「等身大」の自分だと思っています。なのでちょっと予定を変更してアメリカ流ただ働きの歴史についてお話しする前に、アメリカ流の等身大についてお話ししたいと思います。ハッピーな妥協私がアメリカで起業し、その後働く形態を変えて行った理由は「等身大」の自分で「自分らしく働きたかった」から。一週間7日24時間態勢のギャラリービジネスを通して私が学んだ事は「ハッピーな妥協」です。妥協というとなんとなくネガティブな感じがするかもしれませんが、子育てもして、... full story

自分らしく生きる2:夫より稼ぐ妻

in 海外起業&女性起業家

 アメリカでは働く女性の28%がご主人やパートナーよりも収入が多いそうです。私の両親もこのパターンでした。母が起業家で父は母に代わって子育てをする為に定時に会社を出る事にしたサラリーマンで、収入はまさに妻と夫が逆転だったのです。昨日のワシントンポスト紙に「What happens when Sally beats out Harry」という記事が載っていました。内容は「働く妻の収入が夫の収入を超えた時、夫は妻の成功を素直に喜べない。反対に妻は夫の成功に対してエゴの問題なく喜べる。この差は一体何なのだ?」とこんな感じです。どうしてなのか?... full story

ビジネス9:中山麻紀子さん

in 海外起業&女性起業家

 13、14才を中心とした日本のチアリーダー達がレッドスキンズのハーフタイムショーに招待され、10 月20日9万人の観衆が見守る中素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。子どもたちが通うチアリーディングの学校CheeRing Internationalの中山麻紀子校長先生に今回の企画そしてチアリーディングについてお話を伺いました。笑顔のパワーハーフタイムショーではアメリカのチアリーダーと一緒に中山先生の生徒さん8名が踊りましたが、日本から来てリハーサル一日でいきなり9万人の観衆が見守る中でのパフォーマンスって度胸がいりますよね。おっしゃる通り勇気がいる事です。... full story

DCライフ6:DCソーシャルカレンダー

in 海外起業&女性起業家

 早起きして先日インタビューしたCheeRing Internationalの中山校長先生のドラフトを書き上げました!でも10月に入って本格的な社交シーズンが幕を開け、ランチにディナーにパーティーと飛び回っているので、もっと早起きしないとダメかも。ニューヨークにも行っちゃったし。今週はワシントンバレエ団のオープンリハーサルがあり、それからコーコラン美術館のサポーターのパーティー、クラフトショーにバレエ団のガラがあって、来週はアフリカ美術館でのレセプション、ジゼルのオープニング、S&R財団のパーティーと娘のお誕生日パーティーがあります。... full story

自分らしく生きる 1:しぼんで行くアメリカンドリーム?

in 海外起業&女性起業家

 自分らしく生きて行きたい、そして起業を夢見る女性の方に素敵なロールモデルをご紹介したり、気になるニュースをお伝えして行くコーナーを新設しました。そんな素敵な方や記事に出会う度に更新して行きたいと思います。「アメリカンドリームを掴むのは難しくなっている」?さて第一回めの今日はちょっと気になるニュースです。先週末のワシントンポスト紙に出ていた記事ですが「アメリカンドリームを掴むのは難しくなっている」という内容です。過去数年間を振り返ったワシントンポスト紙とMiller Centralの調査によると77%の人は大学の学費を支払うのが困難になって来ていると感じており、74%... full story

コンフォート起業9:「洋」のパワー

in 海外起業&女性起業家

 ただ働き、一言で言うならこれが「洋」のパワー。アメリカで成功している人の多くが起業前、起業後にただ働きをしています。つまりこれがアメリカで起業して成功する秘訣です。そしてこれが「コンフォート起業」の根幹ともなるアイデアと言えます。ただで働いてどうしてビジネスが成立するのかと思われるかもしれませんが、これが立派に成り立つのです。後ほどやり方やベネフィットなど実例を含めてご説明したいと思いますので、ここではその概要とこの形態のただ働きの歴史について触れる事にします。ただ働きとはつまり働いた事に対して金銭的報酬を得ないという事ですが、真っ先に頭に浮かぶのはボランティア活動ですね。... full story