Archives: American Life Q&A
アメリカ生活 Q&A

ハッピーライフ48:アメリカ移住不安編:子育て編

in ハッピーなアメリカの暮らし方

慣れない土地での子育てって本当に大変。私は何も知らずにアメリカにやってきたからなおさらでした。ですから不安な気持ち、本当によく分かります。「教えて」の一言娘がまだ小さかった時私が一番悩んだのは「アメリカ人のお母さんなら普通に知っている事を私は知らない」事でした。当然なのですが努力にも限界があります。例えばプレイグループに入っていた時お母さんたちが自然にナーサリーライムといって子守唄のような物を歌いだします。そうすると他のお母さん達も一緒になって歌い出すのです。でも私にとっては?でした。次までにその歌を覚えて行くと今度は違う歌、という具合で疎外感というかなんというか、... full story

ハッピーライフ47:アメリカ移住不安編:夫は変わる?

in ハッピーなアメリカの暮らし方

アメリカに住む事になったらアメリカ人の夫は日本にいた時と変わってしまうかもという不安な気持ち、なんとなく分かります。だから自分の国でも夫の国でもない第3国で暮らせたら一番楽かも、なんて思った事もありました。だって二人とも知らない国なら言葉だって文化を学ぶのだって同じ所から始められますからね。そうなるとなんとなく運命共同体の感が強くなるように感じたからです。でも実際はそういう事って少なく、大抵は奥様の国かご主人の国に住む事になるのが普通かと思います。変わったのは夫?それとも私?私と夫は南仏で出会ってその後半年間の長距離恋愛(ロンドンとDC)があって結婚したのですが、... full story

ハッピーライフ46:国際結婚でアメリカに移住するのが不安です。

in 海外起業&女性起業家

日本で知り合って日本でしばらく一緒に住んでいたけど今度は夫の国に移住することになってアメリカの生活になじむ事は出来るのか、友人•家族•仕事を離れて自分の人生はどうなってしまうのか、二人の関係は大丈夫か、夫は変わってしまうのではないか、子供の教育はどうなるのか、日本を恋しすぎないか、などなど不安は尽きないかと思います。日本の美点が全然美点じゃないこともあるアメリカ。今回はアメリカになじむ事が出来るか、という不安について考えてみたいと思います。あなた次第私がアメリカに移住した時は夫以外知る人がいませんでした。... full story

ハッピーライフ45:カープールで悩んでいます

in ハッピーなアメリカの暮らし方

9月になって学校やお稽古ごとが始まると共にスタートするのが他の家族と協力しての送り迎えです。Car Poolと言いますが共働きや遠方から通ってくる人が多いアメリカではとても便利なシステムです。公平かつ責任を全うしなければ成り立たない質問者の方は今このカープールでお困りとの事。週2回ずつもう一人のお母さんと交代でお子さんを学校にお迎えに行き、お稽古に連れて行って終わったら連れ帰ると二人で合意したのに、相手のお母さんは「家は子供が3人いて大変、あなたの所は一人だから今日は代わって」とか「仕事が長引いて遅れるから代わって。あなたは働いていないから大丈夫でしょ」... full story

マナー40:夏のマナーシリーズ:旅先で

in ハッピーなアメリカの暮らし方

普段は行かないような所に行けるのが夏!そしてそこにはまたまた守らなければならないマナーがあるのです。ビーチノートップレス!我が家が夏を過ごす南仏のビーチは皆さん開放的で法的にも何の問題もありませんが、アメリカでは基本的にNo の所が多いです。それからノースモーキング。本当に嫌がられます。かもめにえさを上げるものダメ。沢山寄ってきて結構危ないのです。フリスビーやボールで遊ぶ時は周りをよく見て。ビーチで食事をする時は食べ物をアルミホイルで包むかネットのような覆いがあると良いです。... full story

マナー39:バケーション先でのチップ

in ハッピーなアメリカの暮らし方

チップの習慣のない国から来ると誰にどのくらいチップを渡せば良いのか迷ってしまいますよね。普段の生活でもそうなのだからバケーションになるとますますです。チップは本来感謝のしるしでしたが、今では色んなサービス職にある人々の大切な収入源となっています。とは言えサービスに満足出来なかった場合は勿論チップの額を少なくして良いのです。でも相手が誠意を持って「不満足」に対処した場合は普通の金額をあげるのがマナーでしょう。基本ガイドラインチップは税金が加算される前の金額に対して計算する。チップを渡す時はおおっぴらではなく目立たないように。基本的にサービスしてくれた人にはチップを渡す。... full story

マナー38:バケーションのマナー

in ハッピーなアメリカの暮らし方

今年の夏のマナーシリーズはバケーションでのエチケットです。基本編に始まってバケーション先でのチップや劇場、スポーツイベントでのマナー、船の上やキャンプ場などでの振る舞い、アメリカ以外の外国旅行についてアメリカのマナーの女王、Mrs. Postのマナー本を参考に私の経験も含めて4 回シリーズでお届けします。第一回目の今日はバケーションのマナー基本編です。とにかくこれを押さえておけばどこに行ってもなんとかなるだろう、という事をまとめてみました。ロードトリップアメリカ旅行と言えばロードトリップというくらい皆さん本当に何処にでも運転して行きます。我が家も4,... full story

ハッピーライフ44:グルテンフリーダイエットって効果的?

in ヘルス

数年前に友人から「息子がセリアック症でグルテンフリーじゃないとだめなの」と言われたときには「一体何の事?」と思ったものですが、今ではこのグルテンフリー食事法はアレルギーの方(セリアック症で悩むアメリカ人は全米の1%)よりもダイエットとして実行している方の方が多いそうです。グルテンフリーダイエットは主に小麦、大麦、ライ麦に含まれる「グルテン」というタンパク質を除去した食事法で、簡単に言うとグルテンを使用している主な食品はパン、パスタ、うどんやケーキでグルテンを使用していない食品はご飯、米粉、肉、魚介類、野菜、果物など、となります。... full story

教育19:子供がサマーキャンプに行くのを嫌がります

in 留学・教育・バイリンガル子育て

サマーキャンプの経験が良い結果に終わる事もあればそうでない事もあります。我が家の娘も7歳の時に2週間のデイキャンプに通ったのですが、キャンプが始まる前はとっても楽しみにしていたのに、始まってから2, 3日して「行ってきます」に元気がなくなり、週末には「行きたくない」と言い出した事がありました。「途中で止めるのは良くない」との理由から私は「そんなこと言わないでちゃんと行きなさい」と言ったのですが、後で間違いだったなあと思った経験があります。行きたくない理由はそれぞれでしょうが、子供なりに必ず何かあるのですよね。でも私は「たかがサマーキャンプじゃないか」と軽く考えていて、... full story

ハッピーライフ43:ワシントンDCで人気のレストランPart 4

in ハッピーなアメリカの暮らし方

レストラン特集の最後は日本食+エスニック系です。日本食ワシントンDCでお寿司と言えば日本人からもアメリカ人からも一番人気はなんといってもSushi Taro(www.sushitaro.com)でしょう。ここは懐石もあるのですが、本当に日本にいるような味でホッとします。Sushi Ko(www.sushikorestaurants.com) は私がアメリカに移住した当初からあったレストランで最近はチェビーチェースに移転してしまったのでなかなか行けなくて残念。ランチにおすすめなのはオフィス街にあるKad Sushi Birsto (www.kazsushibistro.com) かな。... full story