Archives: American Life Q&A
アメリカ生活 Q&A

ハッピーライフ25:ワシントンDCで特別の日におすすめのレストランは?

in ワシントンDC情報

 お誕生日や結婚記念日に入学卒業そして仕事がうまく行った時等など、お祝いするハッピーな機会って沢山ありますよね。家でシャンペンも良いですが、そんな時はやっぱり出かけたくなります!まずは大人な雰囲気でロマンチックなひとときにぴったりのおすすめから。Komi (Greek) – Dupont Circle http://komirestaurant.com2008年のオープン以来以前トップを走り続けています。メニューは特になくて一人$135。ギリシャ料理となっていますが、そういう感じでもありません。どちらかというと日本の懐石料理の雰囲気かな。値段は張りますが、... full story

ハッピーライフ24:アメリカでも鳥インフルエンザを心配した方がいいでしょうか?

in ヘルス

 今回H7N9型の鳥インフルエンザへの感染で2名が死亡した上海市の総領事のホームページには「生きた鳥が売られている市場などで不用意に鳥や家畜に近寄らない様に」と注意を喚起しているようですが、今日現時点では在米日本大使館のホームページにそのような鳥インフルエンザへの注意を喚起する旨は掲載されていないようです。加えて今朝のUS NewsのWHOリチャード・ウェビー氏のコメントによると「2003年に起こったSARSのような大流行になるとは思えない」との事。一方では既にウィルスがマイナーチェンジしている可能性を踏まえ、人への感染も含め大流行を危惧する声もあるようですが、... full story

ハッピーライフ23:アメリカ生活に向いていないようで辛いです

in ハッピーなアメリカの暮らし方

 私も最初「自分はアメリカに向いてない」と思いました。今では「ここが私のホームタウン」というほどのワシントニアンです(笑)!ご自分の希望ではなくご主人のお仕事の関係でアメリカに来られたという事ですが、私もずっと一緒にいたいと思った人がたまたまアメリカ人で、彼が住んでいたワシントンDCに移住しました。ですから戸惑うお気持ちよく分かります。アメリカは生活習慣から、文化そして感覚に至まで日本やイギリスとはとっても違っていますから。必要以上に同化しようとか、無理して慣れようと努力して辛くなった事を覚えています。アメリカは男女同権だから私も強くて何でも出来る女性でなければ、... full story

ハッピーライフ22:ピラティスに興味がありますが、良いクラスは?

in ハッピーなアメリカの暮らし方

 体幹を鍛える事は女性にとって本当に大切ですよね。何しろ真っ直ぐな背骨や腰骨を支えてくれるのはお腹周りの筋肉ですから。プヨプヨのお腹を引き締めようと思って私も数年前にピラティスを始めたのですが、床で行うマットクラスもリフォーマーと言われる機械を使って行うクラスも先生によってアプローチが多少違うようです。マットクラスは基本的にリフォーマーでする動きを床の上でするものです。家でも一人で出来るので、私はマットクラスに行っています。ピラティスで効果的に筋肉を付けるには回数ではなく正確さが重要と言われます。何十回やってもポーズが正確でなければ、ターゲットした筋肉は鍛えられないからです。... full story

ハッピーライフ21:アメリカに来て3ヶ月ですが全然英語が上達しません

in ハッピーなアメリカの暮らし方

 何を聞かれたか分からなかったり言いたい事が言えないって、本当にフラストレーションが溜まりますよね。私もそうでした。私は20才の時に1年間ロンドンに語学留学したのですが、最初の3ヶ月は英語がまるで音楽のように聞こえました。まるっきり分からなかったのです。名前を聞かれても分からず、yesでもnoでもないような感じだったのでmay beと言ったらしばらく私はmay beと呼ばれていました(笑)。実は今娘が日本に留学中なのですが、娘を見ていて思い出した事があります。それは語学ってある日突然レベルアップするということ。毎日日本語を勉強しているからちょっとずつ上達するのかというと違うようで... full story

ハッピーライフ20:アメリカで起業したいのですが何から初めていいのか分かりません。

in 海外起業&女性起業家

 起業は女性に与えられた幸せの選択肢の一つだと思っています。趣味で作ってらっしゃるアクセサリーをビジネスにしたいと言う事ですが、とっても素敵ですね。友人にも同様にして起業した女性がいます。働く時間を自分で選べるので子育てとの両立も可能で、家庭生活にも支障をきたさず、彼女は大好きなことで収入を得て毎日キラキラしています。実はこのウェッブサイトを始めてから多くの方々に「Shigeko的起業の仕方」を話して欲しいというリクエストを頂きました。非常に有り難い事です。私は大企業の社長ではありません。ましてや自分で起こした会社を大企業に育てた訳でもありません。... full story

ハッピーライフ19:アメリカでは子供にお小遣いをあげないのでしょうか?

in 留学・教育・バイリンガル子育て

 「お小遣いをあげるべきか、あげないべきか」はママ友の間でもよく取り上げられる話題です。実は学校でも話し合ったりします。家でのお手伝いに対してお小遣いをあげる、という家庭もあれば、それではお手伝いなんてやりたくないからお小遣いもいらないと言われて困る、という家庭もあります。「対価無しにあげる」派は子供にも必要なものはあるだろうから、年齢によって適当と思われる額をあげるという事です。実は我が家はこのケースです。自分で働いてお金を得られない年齢の子供でも社交生活その他でお金は必要かと思うので。... full story

ハッピーライフ18:「ちょっと暗い」と思われているようで嫌になります

in ハッピーなアメリカの暮らし方

 新しい土地に行くと人間関係も新しく始めなければならず、もの凄いストレスかと思います。そんな時に本来の自分の性格とは違うように受け取られるって辛いですよね。何と言ってもアメリカは自己主張の国、そしてtake it easyなお国柄では日本的な謙遜の態度やもの静かな性格は、「かなり静か」と受け取られてしまうかもしれません。ですから友人たちや学校、会議の場であまり静かだと(話さないと)、「つまらない」「暗い」などネガティブな印象になることもあるかと思います。私はアメリカでは「Bubbly」な性格と言われます。これははじける様に元気で明るい人、という意味ですが、... full story

ハッピーライフ17:小顔でいいね、と言ったら変な顔をされました

in ハッピーなアメリカの暮らし方

 これって私も経験があります。アメリカ人の友人に「どうして?」と言われて気が付いたのですが。日本では顔が小さい事は美人の証、というぐらい小顔が重用視されていますが、アメリカではそうではありません。欧米人の顔は全体的に小さくて、だから顔が小さいということは話題にもならないのでしょうね。それで顔が小さいと指摘されるとちょっと変な感じがするのでしょう。小顔の代わりにアメリカでは日本であまり取りざたされない美人の条件があります。それは高い頬骨です。You have high cheekbones! と言われたら、にっこり笑ってThank youと言いましょう。... full story

ハッピーライフ16:高い教育があるのに働かない事に罪悪感を感じます

in ハッピーなアメリカの暮らし方

 先週とは全く逆のケースですね。ご主人の仕事の関係そして子育て中ということもあって現場復帰が難しく、それを苦痛に感じてらっしゃるとの事ですが、女性であるということは選択の連続で本当に大変なことです。妻であること、母であることが、自分より優先してしまうことも多々あります。私は出産後3年間専業主婦でした。その間働かない事に罪悪感を感じたかと聞かれたら、うーん、どうでしょうね。私の場合は働いていた時と比べて人と関わる機会が少なくて寂しかった事を覚えています。それで打開策として専門の美術分野でボランティアを始めました。アメリカはまさにボランティア社会ですから。... full story