Archives: Life in Washington, DC
元気なワシントンライフのひとりごと

DCライフ332:アマルフィコースト3

in ジェットセッターな旅

今日はボートをレンタルしてアマルフィコーストを4時間ほどクルーズしてきました。そしたらなんとイルカを発見!とってもラッキーだそうです。しかもイルカの家族だったみたいで3、4頭いたのですよ。ボートのすぐ側を泳いでいました。本当に美しかった。その後はポジタノに一旦ボートを停めてちょっと町をお散歩して娘が運転して帰って来ました。スピードを出すのが大好きだからもうリラックスどころか両足を踏ん張ってヘトヘトになっちゃいました。その後はビーチでちょっと泳いでホテルに帰って来てからもプールで泳いでと、とってもアクティブな一日だったのです。  full story

DCライフ331:アマルフィコースト2

アマルフィコーストと言えば一番有名なのがポジタノ。セレブにも人気だしオシャレだし南仏で言えばサントロペみたいな感じかな。だけど私はやっぱりRavelloが一番のお気に入りなのです。アマルフィコーストにある観光地では唯一ビーチのない町(というか村)だからでしょうか。ローカルの人が沢山いらして観光客も少ない。それに山の上だから涼しいのです。ビーチに行くにはテクテクと下る事1時間かかるけどホテルにはプールがあるから毎日行かなくてもいいし。今回はホテルの予約がしてなくてコースト中どこもいっぱいという大変な目にあいましたが、いつも最後にはなんとかする夫が素敵なホテルをRavelloに見つけて来ました... full story

DCライフ330:アマルフィコースト1

in ジェットセッターな旅

イタリア南部、アマルフィコーストに来ています。今年は初めて南仏をお休みして夫が大好きなポジタノとその周辺に来ているのですが「イタリアなら任せて」と豪語した夫を信じていたら大変なことに!というのもここに一週間いるのになんと夫は2泊しかホテルを予約していなかったのです。「だって君たちは注文がうるさいから見てから決めようと思った」ですって。それはいいのだけどこんな夏の一番忙しい時にそんな悠長なことを言っていて大丈夫なのかな、と思ったらやっぱりでした。リーズナブルで素敵なホテルはコースト中予約で一杯なのです。残っているのは当然ながら一泊30万円なんてとんでもない所ばかり。あー、一体どうやることやら... full story

DCライフ329:初の著書、アマゾンで予約開始!

in Shigekoのお気に入り

お待たししました!初の著書『誰だって「なりたい自分」になれる』が8月10日に発売される事になりました。アマゾンでは先行予約受付が始まっています。応援宜しくお願いします!本の内容は「なりたい自分になるにはパッションだけじゃなくてスキルも必要」ということで私がワシントンの女性たちから学んだ「なりたい自分」になるためのスキルを紹介しています。私の失敗談がもとになっているので「えーこんなに失敗しても人生って大丈夫なんだ」と思っていただければ嬉しいかな。とにかく彼女たちのスキルってとってもシンプルで「こんなんで大丈夫なのかなあ」と思うくらい。だけどそれだけ簡単だからこそ続くのですよね。... full story

DCライフ328:イタリアに行ってきます!

in アート・カルチャー・イベント

今週から約2週間の予定でイタリアに行ってきます。毎年この時期は南仏に行っているのだけど今年は取りやめにしたのです。ニースのこともあるけど友人たちがひとりもいないのです。みんな8月末にならないと帰って来ないみたいで。それになんとなくさみしい街をみるのがつらくって。私にとって南仏は喜びに溢れた所だからきっと悲しくなってしまうだろうなあ、と思って今年はお休みすることにしたのです。代わりに夫が愛して止まないイタリアに行き先を変更。夫がこの世で一番大好きなローマとアマルフィコーストに滞在します。たまには夫孝行もしないとね。大好きなパスタ食べ放題だなあ、なんて夢見ているのだけど、気をつけなきゃ。... full story

DCライフ327:映画づくしの週末

in アート・カルチャー・イベント

ジェーソン•ボーンやっぱり最高でした。アクションは最高だけど人間味がない、というレビューだったけどジェーソン•ボーンってそもそもそういう設定だからそれはそれでいいかと。だけどああいう映画の撮影ってきっとエキサイティングなのでしょうねえ。私は女優には興味がないのですが、映画の裏方って本当に楽しそうだなあと思うのです。ああいう撮影をセットアップするチームの一員って一度やってみたいです。その後もう一本見ちゃいました。Sing Streetという80年代のアイルランドが舞台の映画でバンドを作って女の子にもてようという男の子達の映画です。... full story

DCライフ326:週末の予定

in ワシントンDC情報

さくら新聞のインタビューでNew Ohchestra of Washington (NOW)の芸術監督アレハンドロさんとその奥様グレースさんにお話を聞きに行って来ました。そうしたらこんなに可愛い赤ちゃんもいたの。私が被っていた帽子が珍しかったようでじーっと見つめられちゃって。やっぱり赤ちゃんって最高ですね。ほっぺなんてもうぷくぷくなの。カフェでのインタビューでしたがその後は一時間ほど居残ってライフコーチのお勉強をしました。私はどういう訳か家で勉強って出来なくて。なんとなく気が散ってしまってしょっちゅうキッチンに行ったりしてしまうのです。反対に書く時は断然家です。他では書けない。変ですよね。... full story

DCライフ325:ヒラリーの勝利

in ワシントンDC情報

民主党大会は愛に溢れています。やっぱり憎しみよりは愛ですよね。だってポジティブだもの。普段は政治には距離を置いているのですが今回は共和党大会も民主党大会もずっと見ています。共和党大会が終わった時は「う、どうしよう」と思うくらいトランプ強いなあ、と感じたのだけど民主党大会2日目が終わって「これは絶対ヒラリーが勝つ」と思えました。トランプってメッセージがシンプルだから誰にでも分かり易いし、それに家族が美しい。見た目第一のアメリカでこれは強烈なインパクトがあります。そして人々に恐怖を植え付けて支持層を狂信的なクリスチャンから幅広く広げたし、本当に危ないと。... full story

DCライフ324:民主党大会

in ワシントンDC情報

それじゃなくても毎日うだるような暑さだというのに共和党大会でのメラニアの盗作問題とテッド•クルーズの最後の抵抗に続いて今週は民主党大会直前での党大会代表の辞職(クビ?)のスキャンダル、そしてその原因となったeメール漏洩事件の陰にはロシア政府が絡んでいる、なんて話で本当に熱い熱い。暑いから愛犬とのお散歩もままならないし、党大会中継からは目を離せないし、もうほとんど引きこもり状態です。おいしいものを食べに行く時以外は。写真はチャイナタウンにあるパイ専門店Dangerously Delicious Pies。色んなベリーとピーチのパイが美味しかった!アイスクリームも一緒にね。 full story

DCライフ323:効果のほどは?

in ビューティー&ファッション

まだ一週間経っていないのだけど皮膚科の先生から頂いた「スーパーで買える優れもの」リストで買ったクリームがすっごく効いているようです。先生のリストには老化を食い止め、遅らせるのに大切なものは日焼け止め、レチノール、アンタイオキシダント、そしてペプチドとありました。全部買ったけど一番効き目のあるのは私の場合ペプチドクリームのようです。Olay Regenerist というラインのクリームを$30で買いました。はっきり言って普段使っているクリームの10分の一です。でも本当に値段って関係ないのかも。だって朝起きたらお肌がピンとしていましたもの。しばらくこのクリームを使ってみようと思っています。 full story